ピクシブ百科事典

二郎丸

じろうまる

アニメ映画『バケモノの子』の登場キャラクター。

1.「爆走兄弟レッツ&ゴー!!」の登場人物。→鷹羽二郎丸
2.映画「バケモノの子」の登場キャラクター(本項で解説)。

CV:大野百花(少年期),山口勝平(青年期)

ってなんだい!?オイラ馬鹿だから分かんねえよ!兄ちゃんが何者だって知らねえよ!オイラにとっちゃ兄ちゃんは兄ちゃんだ!」

概要

人間と相対した種族・バケモノの社会随一の大都市・渋天街に住む猪の少年であり、街の現宗師卯月の後任候補の一人である猪王山の次男。兄には一郎彦がいる。

周囲から溺愛されて育った故か、性格は表裏なく朗らかで純真であり、友人にも多数恵まれている。一方人間を疎んじるバケモノ界の世俗的な価値観から、特例で渋天街に暮らすことになった人間の九太を複数の友人と共に虐めるという愚行をし、一郎彦から叱責を受けていた。しかしその後武芸を心得た九太との対決に敗れるも、その強さに魅了され以降は彼と親しくなり、後に九太の師である熊徹が猪王山に匹敵する程の支持を受けるようになってからはそれを真っ当に評価したり、次期宗師決定戦の前日には彼と互いの父、兼師の健闘を称え合うなど、自身の立場を気取らない父・猪王山を思わせる好青年に成長する。

次期宗師決定戦の後に、猪王山の口から一郎彦が自分の実の兄ではないばかりか種族さえも異なっていたという衝撃的な事実を告げられるも、それでも尚相変わらず彼を自身の兄と慕う姿勢を見せ、それを目の当たりにした両親は感激のあまり涙した。

当初は童心ながらに物事の本質を見ようとせず勝手な先入観から九太を蔑ろにし、尚且つ特別能力に秀でているわけではないが、認識を改めてからは九太との交流を通して自主性を発達させていったことで、先入観に囚われず自らの意志で物事を見極め誰であろうと他者を敬うようになるまで成長したと言える。

関連タグ

バケモノの子 渋天街 バケモノ
ウリ坊


猪王山…父
一郎彦…兄
九太…親友

関連記事

親記事

バケモノの子 ばけもののこ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「二郎丸」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 216234

コメント