ピクシブ百科事典

猪王山

いおうぜん

映画『バケモノの子』の登場人物。
目次[非表示]

CV:山路和弘

概要

立派な牙と金のたてがみが目を引く、堂々たる風格をもつのバケモノ。黄金の毛並みに立派な鬣は、どこか獅子を思わせる。
息子に長男の一郎彦と次男の二郎丸がいる。

バケモノの世界の都市【渋天街】の誰もが、強さ、品格ともに一流と認める。武術館「渋天街見廻組」の主宰者であり多くの弟子を持つ等、渋天街において多大な影響力を持つ。

次期宗師候補の一人であり、唯一のライバルたり得る熊徹が品性に乏しいとみなされ、弟子の一人もいなかっため、最有力候補と目されていた。

かつて人間界の【渋谷】にも出向いた事がある。

バイオグラフィー

性格は誇り高く気品があり、物事も柔らかである。リーダーシップにも優れ、まさに「理想的な父親」である。

武芸の能力は同じく次期宗師候補である熊徹と互角に渡り合える程のものだが、粗暴で身勝手な彼と違い謙虚で慈悲深く、周囲に対しては物腰柔らかに接する器の広い性格。一方バケモノとは対を成す人間を明確にバケモノとは線引きしている節があり、尚且つ彼らをバケモノ界で古来から伝わる「心に闇を持つ不穏分子」という言い伝えから畏怖の感情を示しており、熊徹が人間の九太を弟子に取ろうとした際もすぐさま人間界に戻すよう警告していた。

息子たちを含めた数多くの弟子を抱えており、渋天街の議員を務めている他、主宰している「見廻組」は街の警察活動の一部を担っているため、渋天街では長である宗師に次ぐ権限を持っている。

上記の性格や渋天街に対する影響力の大きさから、長男の一郎彦を始め数多くのバケモノたちからの尊敬を集めており、次期宗師に彼を支持する者も多い。
だが、熊徹が九太を弟子に迎えたことで正当な宗師候補となってからは、下馬評も次第に変化していく。

皮肉にも、「徳が高い」という宗師の気質を表した彼のその性格は後の惨劇の原因となってしまうのであった…


余談

  • 同名の力士が安政の時代に活躍していた。


  • 熊徹陣営の各キャラクターの声優は本業ではない芸能人声優が務め、猪王山陣営(一家)の各キャラクターは本業の声優が務めている(ただし熊徹陣営のマスコットであるチコ本業の声優が、幼少時の一郎彦の声優は本業ではない芸能人声優が担当している)。

  • 猪王山の熊徹への警告には、一郎彦への愛情と将来の危険性への危惧も含まれていたのかもしれない。

  • 猪王山と一郎彦はイニシャルが「イ→1」であり、熊徹と九太のイニシャルは「9」を思わせ、対称的なの構図のようにも見える。また、九太の本名である蓮は「一蓮托生」へのメタファーをも思わせる。

関連タグ

バケモノの子 細田守 熊徹 一郎彦 二郎丸

pixivに投稿された作品 pixivで「猪王山」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 762297

コメント