ピクシブ百科事典

今川雅澄

いまがわまさずみ

今川雅澄とは、「百鬼夜行シリーズ」(および「京極堂シリーズ」)の登場人物である。

人物像

駆け出し(昭和28年で2年目)の古物商。今川雅幸が始めた「骨董今川」を継ぎ、屋号を「待古庵」と改める。
待古庵」の名は、子供の時の渾名「マチコサン」に由来し、特に意味は無いが、客はその字面を見て勝手に納得すると言う。さらには、兵役時代の元上司榎木津には
今でも本名で呼ばれたことがなく、「マチコ」や「マチコサン」と呼ばれ、正直読者にも本名より「マチコ」で通り易い。
外見は太い眉にしまりのない唇と禽獣のようとも言われる珍妙な顔。おっとりのんびりした性格も併せ一見愚鈍な印象だが、かなり頭は切れる。行動もすばやい。
馬に鼠を掛け合わせたような容貌。(←鉄鼠にも似ているかも知れない) とにかく、一度見たら忘れられない顔をしている。
伊佐間とは戦時中からの旧知の仲で復員後も懇意にしてる。
骨董品などについて中禅寺に見解を求めるなど、知的好奇心を優先させる事も。骨董商としての鑑定眼は優れているが、やや自信に欠けると評される。
口をもぐもぐと動かし水っぽい喋り方をし、多少興奮して話すと口角にぶくぶくと泡がたまる。そのため榎木津からは乳製品を食さないよう厳命されているらしい。作中現在でも有効。
大変礼儀正しく、語尾は「~なのです。」で〆ることが多い。
さらには謎の鳴き声「きゃあ」とか「うにゃあ」を発する事もある。

ラジオドラマ『百器徒然袋』での声優は『斉藤洋介』である。

別名・表記ゆれ

マチコ待古庵

pixivに投稿された作品 pixivで「今川雅澄」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1281

コメント