ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

伐折羅王

ばさらおう

伐折羅王は、ゲーム「新桃太郎伝説」の敵キャラクターである(画像中央の人物)

新桃太郎伝説」に登場する鬼族の支配者。かつて、盟友であるえんま王と共にバラバラに争い合っていた鬼の世界を統一した。


ダイダ王子アジャセ王子夜叉姫の父親でもある。


わざわざ自分の一族以外の者との間に子を作ったのは、地獄界、人間界、月世界の三界を我が物にするという野望の象徴とするためであった。ゆえに純血の鬼である第一王子のダイダを偏愛し、月の民との混血で物静かな性格のアジャセの事は疎んじていた。

もっとも見下している人間の血を引く夜叉姫については、ダイダ王子が彼女に対し「甘やかされて育った」と言っていたことから、それなりに愛情を注いでいたようである。


腹心の部下で、ダイダ王子の教育係でもあるカルラの進言によりえんまを幽閉し、月と人間世界への進攻を決断。カルラにその指揮を一任した。


しかし、同族意識の強さゆえに疑うことを知らず自ら玉座から動こうともしなかったため、カルラにいいように利用されていることに全くと言っていいほど気づいておらず、カルラの手でたくさんの部下を利用された末に殺された挙句、最愛の息子すら奪われたにも拘らずカルラの讒言を頭から信じ込み、「ダイダ王子は桃太郎に殺された」という嘘すらも鵜呑みにして桃太郎に憎悪を募らせていく。


「ええい!お前たちの話など聞きたくもない!

 閻魔王よ!お前は今の鬼の世を作り上げた一番の友と思っていた!

 今のわしは怒りと悲しみと絶望で体が張り裂けそうだ!

 戦え!桃太郎!

 我が息子ダイダの仇!見事とってくれんっ!」


攻め込んで来た桃太郎に対しと憎悪をむき出しにし、えんま王や夜叉姫達の説得にも耳を傾けず問答無用で戦いを挑むもののパーティメンバーからは一族の王らしかぬその態度を批難される。


金太郎「おめえがしっかりしていれば誰も死なずにすんだんじゃねっか?」


浦島「あなたはずっとそこに座っていたから見えないのです」


銀次「息子が死んだのを人のせいにするんじゃねえ!」


しかし、戦いの末にようやく人間の持つ真心と慈しみの心を理解し、カルラに利用され続けてきたことを知る。


「この後に及んでまだいうか!

 鬼の王であるこの伐折羅が桃太郎と戦いそして桃太郎を正しいと思った!

 鬼が戦いを通してわかりあったのをお前は違うと申すのだな!

 お前は鬼の掟を破るのだな!カルラ!

 多くの鬼を陥れ、我が息子ダイダを殺し…

 大地の支え『かぐや姫』まで殺した…

 それでもまだ何が欲しいというのだ!」


本性がばれて居直ったカルラに温情から切腹を申し渡すも隙を突かれて殺されそうになるが、疎んじていたはずのアジャセ王子に庇われ命を救われる。


「アジャセ!お前には罪なことをしてきた…ゆるせ…

 わしは鬼の行く末ばかり気にしてお前の言葉をことごとく退けてきた!

 桃太郎!初めてだ…このような気持ちは…!」


皮肉な事に、この時こそ父と子が分かり合えた瞬間だった。


エンディングでは、鬼道でアジャセ王子とかぐや姫の命を救うと共に、石化したカルラが落下した岬を友情の岬と名付けて人と鬼の友情の始まりの地と定め、鬼族一同、人と手を取り合って新しい国づくりに励むことを約束した。



関連項目

十二神将 伐折羅

新桃太郎伝説 ダイダ王子 アジャセ王子 夜叉姫

関連記事

親記事

新桃太郎伝説 しんももたろうでんせつ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 672

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました