ピクシブ百科事典

伐折羅王

ばさらおう

伐折羅王は、ゲーム「新桃太郎伝説」の敵キャラクターである(画像中央の人物)

新桃太郎伝説」に登場する鬼族の支配者。かつて、盟友であるえんま王と共にバラバラに争い合っていた鬼の世界を統一した。

ダイダ王子アジャセ王子夜叉姫の父親でもある。しかし、純粋な鬼の血を引く第一王子のダイダを偏愛し、月の民との混血であるアジャセの事はどちらかと言えば疎んじていた。
夜叉姫に対しては、後述する決戦の前に「お前はアジャセと違いわしの気持ちがわかると思っていた」と言っているのでそれなりに愛情を注いでいたようである。

腹心の部下で、ダイダ王子の教育係でもあるカルラの進言によりえんまを幽閉し、月と人間世界への進攻を決断。カルラにその指揮を一任した。

しかし、桃太郎達の抵抗により侵攻は遅々として進まなかった。その間にカルラが独断で戦いに敗れたり人間に心を寄せた鬼達を粛清し、あまつさえダイダ王子まで騙し討ちにしてしまったにもかかわらず「ダイダ王子は桃太郎に殺された」と言うカルラの嘘を信じていた。


攻め込んで来た桃太郎に対し「お前がわしの愛する者を全て殺した桃太郎か!」と憎悪をむき出しにし、えんま王や夜叉姫達の説得にも耳を傾けず問答無用で戦いを挑んできた。

疑うことを知らず(悪く言えばイエスマンだった)、玉座から動くこともなかったため、戦いの際にメンバーから批難されてしまう。(金太郎からは「おめえがしっかりしていれば誰も死なずにすんだんじゃねっか?」浦島からは「あなたはずっとそこに座っていたから見えないのです」銀次からは「息子が死んだのを人のせいにするんじゃねえ!」と言われてしまう。)

しかし、戦いの末にようやく桃太郎達の真心、そしてカルラが今まで自分を騙してきたことに気が付く。
本性がばれて居直ったカルラにダイダ王子同様殺されそうになったが、疎んじていたはずのアジャセ王子に庇われ命を救われる。

皮肉な事に、この時こそ父と子が分かり合えた瞬間だった。

エンディングでは、鬼道でアジャセとかぐや姫の命を救っていた。

pixivに投稿された作品 pixivで「伐折羅王」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 100

コメント