ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

古木の枝ニグラス

こぼくのえだにぐらす

pixiv内ユーザー企画「pixivファンタジアLS」の登場人物(企画主公式キャラクター)。 所属はエルダーグラン。
目次 [非表示]

pixiv内ユーザー企画「pixivファンタジアLS」の登場人物(企画主公式キャラクター)。

所属はエルダーグラン

-追放されし者達の同盟- エルダーグラン同盟


公式プロフィール

 ラスト大陸に人々が入植する以前から存在する古の種族。

 美しい精霊族の姿で現れるが、真の姿は禍々しい異形である。深緑の寺院にて崇められる存在だが、寺院の主の地位に付き、真の姿を隠している。

 開拓王アランと関わりがあり、その孫であるギデオンに協力する。


容姿

【化身】

 前髪の端の方が一部三つ編みされている短めな白髪の女性。瞳の色はシルバー若しくは青。

 黒いティアラらしきアクセサリを付けている。

 白いスリットドレスに黒タイツ、二の腕までの白い手袋という服装。


【本体】

 全体的に黒く植物的な形。

 頭部ともつぼみとも見える部位には顔に見える模様がある。


参戦戦場

※2章からの追加キャラクター。

二章:灰色熊の戦い【緑】



企画における扱い

美しく、そして恐ろしい種としての姿を描かれている。

センシティブな作品センシティブな作品



関連ギルド・提案タグ

(他に見つかり次第追記してください)


語録

特設サイト内結果発表各戦場ページより

第二章【灰色熊の戦い】

2/20

「アランは私に知識と言葉、人間というものを教えてくれました。私はアランとの誓いを果たします。我ら古木の枝は眼の前の敵を払うため……ギデオン、貴方の剣となりましょう。」

2/22

「ミラセラからは何も……? では、私から話すことはできませんね。アラン、そして貴方の父も人からの好意を集める人物でした。開拓王の血脈には人を惹きつける何かがあるのかもしれませんね。」

2/23

「奇遇ですね……私も稀に出会いますよ、貴女のような勘の鋭い人。では……私の姿を隠す必要はありませんね?」

2/26

「ギデオン、私は大丈夫です。貴方は私のあの姿を見ても驚かないのですか……? そう……貴方は本当にお優しいのですね。」

2/28

「エリオン王、宝珠とはあの豊穣の宝珠のことですか……? どの様な荒廃した地でも限りない恵みをもたらす精霊族に伝わる秘法。ノーザリア帝国が欲しがるはずです。」


第三章【谷間の国の戦い】

3/10

「ミラセラ……ギデオンに真実を伝えてはいないのですね。貴女と……アランの関係について。」

3/14

「貴女、我々の殺し方を知っていますね? でも……私はそう簡単ではありませんよ。」

3/15

「ギデオン……よかった……貴方は無事なのですね。私の心配はいりません……ですが、敵を逃してしまいました。ミラセラが危険です。早く彼女の元へ向かってください!」


最終章【王無き国の戦い】

3/22

「ミラセラは友であり、私がかつて愛した者の大事な人でした。それを、あの女が殺した。ギデオン……ミラセラを殺した者は、必ずこの私が報いを受けさせます。これは、彼女を守れなかった私の償いです。」

3/28

「イーサン、貴方はギデオンの大事な者の一人……もう彼からは何も奪わせはしない、私が全て守ってみせる。来い、極夜の長! お前に終わりを与えるのは私だ!」


EXイベント【狂乱と破壊の戦い】

4/11

「投石や砲ではあの城は落ちません。アンダーリアの竜達に協力を仰ぎました。これに乗ってあの城へ向かいましょう。」


余談

(ありましたら追記をお願いいたします)


関連タグ

pixivファンタジアLS

ノーザリア

角無しの皇帝ゼラ皇帝の従者ユキ剣聖エイデン南征将軍レイオン氷海の提督オスカー極夜の長クィンティカ千人殺しのヘルヴォル


ファイアランド

火と鉄の王エゼル島の王ディラン鋼の王ドワイト山の女王ファリア月の女王レスリー発明者オールン樹海の騎士アーサー


エルダーグラン

開拓王の血脈ギデオンエルダーグランの魔王エレバス精霊王エリオン追放された英雄イーサン魔法院の主ミラセラ亡国の女王イナ古木の枝ニグラス

関連記事

親記事

エルダーグラン えるだーぐらん

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 356346

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました