ピクシブ百科事典

吉田修一

よしだしゅういち

吉田修一は、日本の小説家。
目次[非表示]

来歴

1968年9月14日生まれ、長崎県出身。法政大学OB。
大学を出た後フリーター生活を経て、1997年に『最後の息子』で第84回文學界新人賞を受賞し、小説家デビュー。
2002年、『パレード』で第15回山本周五郎賞を受賞。同年『パーク・ライフ』で第127回芥川賞を受賞。

作品

『最後の息子』1999年
『熱帯魚』2001年
『パレード』2002年
『パーク・ライフ』2002年
『日曜日たち』2003年
『東京湾景』2003年
『長崎乱楽坂』2004年
『ランドマーク』2004年
『7月24日通り』2004年
『春、バーニーズで』2004年
『ひなた』2006年
『女たちは二度遊ぶ』2006年
『初恋温泉』2006年
『うりずん』2007年
悪人』2007年
『静かな爆弾』2008年
さよなら渓谷』2008年
『あの空の下で』2008年
『元職員』2008年
『キャンセルされた街の案内』2009年
横道世之介』2009年
『空の冒険』2010年
『平成猿蟹合戦図』2011年
『太陽は動かない』2012年
『路(ルウ)』2012年
『愛に乱暴』2013年
怒り』2014年
『森は知っている』2015年

関連タグ

小説家

外部リンク

吉田修一 公式サイト
吉田修一 - Wikipedia

pixivに投稿された作品 pixivで「吉田修一」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 803

コメント