ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

プロフィール

学年アボカド学園中学部2年2組
血液型AB型
誕生日11月23日(いい兄さんの日)
好きな食べ物ごはんクレープ
CV山下誠一郎

概要

パパラ宿にある男子プリパラ『ダンプリ』のトップチーム・WITHとして活躍しているアイドルで、本作の主人公の一人である夢川ゆいの兄。

彼のプリチケ裏やマイクのジュエルがピンクであることから、おそらくジュエルタイプはラブリー(或いはそれに相当する物)。


幼少期にダンプリ史上最年少のアイドルデビューを果たしており、そこからなのかアイドルとしては可愛い系キャラで売り出している。

『ショウゴスマイル』という営業スマイルを用いる他一人称に「僕」を使っており(本来は「俺」)、アイドルとしてのプロ意識には余念が無い(ファンブックによれば、WITHの中でも彼の人気が一番高いんだとか)。ちなみにサインも兎なんかがあしらわれたりしていてカワイイ。

身内やWITHのメンバーには素の性格で接しており、年頃の男子中学生らしく子供っぽく妹に悪態をついたりもする面もある。


多くの女性ファンも持つが物語当初は女子のプリパラを快く思わず、プリパラに憧れる妹のゆいを半ば小馬鹿にしていた故にゆいからは嫌われていた。

しかし何だかんだゆいのライブを見たり、高所から落下しかけた彼女をライブのパフォーマンスに見せて助けたり(但し思い切り蹴飛ばしてはいる)、意地悪な条件を出しながらもWITHのサインをゆいに与えたり、迷子になったゆいを心配して探したり、とショウゴの方は素直になれていないだけの模様。

また、女子プリパラに関しても、ゆいが絡まなければそれほど毛嫌いしていない様子も見られる。


ゆいへの誕生日プレゼントとして、20話では自らエスコートに出向いた他、31話では先輩としての風格を見せつけ彼なりにゆいを激励する様を見せた。

45話ではしゅうかとのライブ対決に臨むゆいに忠告する。その後ゆいが見事彼女自身の夢を集約させたことで、「成長したな、ゆい」とエスコートの場でアイドルとしてのゆいを認めた。


辻永ひつじ版(ちゃお連載分)のバレンタイン編では、らぁらが直接作ったチョコレートをもらって、らぁらに感謝の意を表した。2人は一緒に立ってゆいを待っている。


最終回(51話)ではこっそりらぁらに、これまでゆいと一緒にいてくれたことへの感謝の言葉を述べている。


アイドルランドプリパラで彼はゆいを救うため必死なことは何でもする主人公の一人。

本作第0話で妹のゆいがユメのパワーで全プリパラの出入り口を守って仮眠状態に陥っているのを目撃し、第2話ではキラキラのパワーを集めてゆいを救うため必死に歌い、不完全ながらゆいの復活に貢献した。ヤギの格好を着てパラ宿のプリパラに入ってゆいを訪ね、同時にらぁらたちと再会した。



7歳の時点でおねしょをしていたことを始め、おままごとに入れて貰うよう頼み込んだり、徒競走で転んだりと幼少期に多数の黒歴史を持ち、それらの写真はゆいにちょっかいを出した際反撃手段として使われている。


人気アイドルかつ主人公を見下しているという点では紫京院ひびきと、他人を馬鹿にしたり弱点を突かれると子供っぽくなる点などはドロシー・ウェストと共通しているといえる。


アーケードではタイム4弾からエスコートキャラとして登場。

そしてなんと、同弾後半から他のプリパラキャラ同様、彼のバースデーコーデがドリームシアターにラインナップされた


楽曲

曲名作詞作曲編曲
エスコート・パレット・ショウタイム!真崎エリカ原田篤脇眞富

余談

名前の「ショウゴ」は昼を指す「正午」から来ている。


関連タグ

アイドルタイムプリパラ WITH ダンプリ

夢川兄妹 - 夢川ゆいとの兄妹タグ

五河士道:同じく妹に黒歴史の弱みを握られているキャラ

関連記事

親記事

ダンプリ だんしのぷりぱら

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4707939

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました