ピクシブ百科事典

安藤美姫

あんどうみき

日本の元フィギュアスケート選手(女子シングル)。
目次[非表示]

概要

愛知県出身。1987年12月18日生まれ。身長162㎝。
愛称は「ミキティ」

2007年2011年世界選手権優勝。2010年バンクーバーオリンピック5位入賞の実力者。また、世界で始めて公式の競技会で4回転を成功させた女子選手でもある。
浅田真央と共に、長年に渡って女子シングルのトップ選手であり続けた。

ジュニア時代に跳んでいた4回転サルコウに注目されがちであるが、3Lz-3Loのコンビネーションジャンプや、5種類の跳びわけが可能であるなど、ジャンプ能力は総じて高い。ジャンプコンビネーションの組み合わせも非常に多彩。そしてスタミナ力が高く、後半にジャンプを集中させることができる点も、加点の上で大きな武器となっていた。


2度の世界女王

力強いキック力を生かしたパワフルでスピード感あふれる演技は、彼女の大きな魅力の一つである。
2006-2007年のSP「シェヘラザード」は、その持ち味が存分に活かされたもので、「男子並みのパワフルなスケーティング」と絶賛された。スケートアメリカではその迫力に加えノーミスで演じ切り、歴代最高得点を叩き出し、パーソナルベストを大幅に更新。GPファイナルでは体調不良により優勝を逃したものの、世界選手権ではスケートアメリカをさらに超える素晴らしい演技を披露、見事優勝を果たし、日本人では歴代4人目となる世界女王の座に輝いた。

2010-11年にはシーズンを通してほぼ大きなミスなく安定したスケーティングを見せ、特にFSでの爆発力には凄まじいものがあった。モロゾフコーチの指導の下、姿勢の癖を直し、優美な表現力を身につけた安藤は、得意のジャンプと合わせてその実力を余すところなく発揮した。

全日本選手権は浅田との激闘となる。SPでは1.46という僅差で浅田が1位となるが、安藤はFSの「ピアノ協奏曲イ短調」での逆転に全てを賭けた。
序盤から安藤の演技は全く乱れることなく、その集中力は繊細な仕草にまで行き渡っていた。そしてコンビネーションから始まった5連続のジャンプが完璧に成功。続くステップシークェンスでは、正確さだけではなく様々な表情を演じわけた。軸の全くぶれない最後のスピンを終え、ポーズを決めた瞬間、安藤は思わずガッツポーズ。彼女を出迎えるモロゾフコーチの目には涙が浮かんでいた。
総合得点は大台越えの202.34を記録。浅田を制した安藤はその後も波に乗り、2011年、世界選手権で2度目となる優勝を果たした。

「シェヘラザード」


「ピアノ協奏曲イ短調」


2013年12月23日をもって現役を引退。その後はプロスケーターとして、アイスショーなどで華麗な演技を披露するほか、タレント、振付師としても活躍している。私生活では2013年4月3日に女児を出産、1児の母。


関連イラスト

*


ミキつめ




関連タグ

フィギュアスケート

pixivに投稿された作品 pixivで「安藤美姫」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 667280

コメント