ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

少女漫画ラブソングのことばは キラキラしてて 眩しくて 意味なら辞書を引かなくてもわかるけど わたしのものになってはくれない」

「先輩のこと、好きにならないよ」

概要

CV:高田憂希(TVアニメ版) / 金元寿子(プロモーションビデオ)


『やがて君になる』の主人公で、遠見東高校の一年生。

高校入学直後、部活動を決めあぐねて暇を持て余していたところに、担任から生徒会の手伝いを依頼され、生徒会室に赴く。

そこで学校一の優等生である七海燈子に出会い、好意を持たれることになる。


完璧超人である七海燈子の裏側、彼女の無邪気で強引な本性を知る羽目になり、一方的な好意には戸惑い、辟易することも多い。

それでも彼女の全開の好意に触れているうち、侑も徐々に彼女に愛情を持つようになっていく。


身長は152cmと低めで本人も気にしている。


人物

自己主張が少な目で押しに弱い性格。全てのきっかけとなる生徒会の手伝いも元はと言えば押し付けられた形である。

引き受けたからには真剣に取り組む思い切りの良さもあり、中学時代は誘われて入ったソフトボール部でレギュラー入りするまでになっていた。後輩にも慕われていた様子。


歳の割に感情の振れ幅が狭く、自身の精神や心理を俯瞰して見る癖がある。

特に恋愛方面には殊更心が揺れにくく、そもそも恋愛感情自体が理解できなかった。強引に唇を奪われてもなお、怒りも喜びもなく戸惑う程度。

恋愛に関心が無いわけではなく、むしろ人一倍憧れているのだが、今まで誰かを好きになることができず、そのことに強い寂しさとコンプレックスを感じていた。


自分と同じように誰に対してもドキドキしたことが無いと言った七海燈子に共感し、自分を理解してくれる彼女に敬意も抱くのだが、事もあろうにその燈子が侑に惚れてしまい、侑は押し負ける形でその好意を受容することになる。

そのため、燈子をよく言えば客観的、悪く言えば若干冷めた目線で見ており、最初の頃は「人を好きになる気持ち」を手にしている燈子に嫉妬を感じる場面もあった。

一方で恋に生きる彼女を羨んでもおり、また自分に甘えてくる彼女に庇護欲を抱いてもいる。侑から燈子への印象は二転三転しており、一言で表すことは難しい。


そしてある出来事により燈子から拒絶されかけたのをきっかけに、自分に甘えてくる燈子を手放せなくなっているのだと気づいてしまう。

以降燈子への想いは加速度的に恋愛感情へと変化していき、侑自身が自覚せざるを得ないほどの大きさまで膨れ上がる。


しかしながら、燈子の性格上、侑が想いを表出されることは許されず、歯がゆさを見せ始めている。


関連人物

生徒会長であり、侑に好意を向け、またその好意によって侑を束縛する厄介な先輩。本人に悪気は無いのだが、侑への思慕はある意味で一方通行なものであり、度々侑を困惑させている。

生徒会副会長であり、燈子に好意を向ける1人であり、燈子に接近する侑を少し警戒している

侑以外で燈子の素顔を知る希少な人物であり、相談相手とはいかないまでも、貴重な話し相手となる

  • 叶こよみ

中学からの友人で読書家仲間

自作小説の感想を求められるほど信頼されており、生徒会劇の脚本を頼むことになる

  • 日向朱里

バスケ部に所属する体育会系の少女で、こちらも中学時代からの友人

恋焦がれる先輩を追いかけて高校までやってきてしまった

  • 園村菜月

中学時代のソフト部の仲間で、高校は別になったが、現在でも交流の続く友人

関連項目

やがて君になる 百合

関連記事

親記事

やがて君になる やがてきみになる

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 9105401

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました