ピクシブ百科事典

山おとろし

やまおとろし

山田野理夫の著書『アルプス妖怪秘録』に記述される日本アルプスの剣岳に住むという鬼。

概要

各地で妖怪の調査を行っていた小説家山田野理夫著の、長野県のお土産物屋で販売されていた『アルプス妖怪秘録』に記述がある妖怪である。

日本アルプスと呼ばれる立山連峰の剣岳はとても険しく、1907年(明治40年)に陸軍技師・柴崎芳太郎の測量隊が登りきるまで、登頂成功は記録されていなかった。
なぜなら、この山には真っ赤なのような「山おとろし」が住んでおり、登ろうとするものがいると襟首を掴んで放り投げてしまうからである。

なおこの鬼は、明治維新後に善光寺の山門に住み着いて、不信心者が通ろうとすると襟首を掴んで持ち上げて通さなかったともいわれている。

余談であるが、登山案内人であった宇治長次郎はとても信仰心が篤かったといわれ、山頂は踏まなかったと伝わっている。そんな心意気を持っていたから山おとろしは彼らを見逃したのかもしれない。
補足として柴崎達測量隊は山頂において、古い時代に登山を成功させていた信心深い修験者のものだと思われる鉄剣と錫杖を発見している。

山田の著書『東北怪談の旅』には、おとろしの伝承だという同様の奥州の話が記述されているという。

関連タグ

妖怪  おとろし おどろおどろ
山田野理夫 怪談 長野県

関連記事

親記事

山田野理夫 やまだのりお

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「山おとろし」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 22

コメント