ピクシブ百科事典

巨大サンタ

きょだいさんた

巨大サンタとは「映画妖怪ウォッチ」に登場するキャラクター(妖怪)である。
目次[非表示]

概要

CV:武田鉄矢

映画妖怪ウォッチ エンマ大王と5つの物語だニャン!!」のEP4に登場する妖怪。
妖怪ウォッチの世界におけるサンタクロースご本人。もっさりとしたおひげにポッチャリとした体形で、とにかくとてつもないくらい大きい妖怪(作中では数十階もあるビルほどの大きさだった)。

非常に忙しい為、様々な妖怪達にサンタ当番という役割を与え、世界中のプレゼントを効率よく行き届けるようにしている。サンタ当番のルールを破った妖怪の前に現れては注意などをするが、自分も心根の優しさからルールを破ってしまう事があり、その度にペナルティとして膨れ上がった結果、今のような巨体になってしまった模様。

ポカポカ族のような設定であるが、すでにポカポカ族にはサンタクロース似の妖怪サンタク老師がいる為、ブキミー族となっている。

アニメ49話ではコマ兄弟に、映画ではUSAピョンにさくらニュータウン周辺のサンタ当番をまかせた。

関連タグ

妖怪ウォッチ ブキミー族 サンタクロース

ネタバレ

以下、映画に関わるネタバレ、およびUSAピョンに関する重大なネタバレが含まれます!



















彼こそが、ヒューリー博士とチビ(後のUSAピョン)の両者を出会わせ、未空イナホが妖怪達に関わる遠因となった張本人である。

アニメでもヒューリー博士とチビの出会いは描かれていたが、映画ではその詳細が描かれた。

クリスマスイブの夜、ウサギ小屋にいるウサギたちは人参をプレゼントされていたが、よそ者であるチビには何一つとしてプレゼントは来ず、彼は飢えと寒さで苦しんでいた。そんな時、風で飛んでいった大事な資料を追ってヒューリー博士がウサギ小屋にやってきた(風の正体は巨大サンタの妖力)。何とか資料を取り戻したヒューリー博士は虚ろな目で立っているチビを発見。天才ゆえに孤立していた自分と重ねて彼を飼う事を決心した。その様子を巨大サンタは温かく見守っていた。

もし、巨大サンタが彼らに関わらなかったら、チビは遅かれ早かれ餓死か凍死に、ヒューリー博士は孤独な化学者に、そしてイナホはただの全方位オタクの普通の女の子のままだった。まさに巨大サンタは彼らの運命を変えたといっても過言ではない。

USAピョンはチビ時代の時にプレゼントをもらえなかった事に憤慨していたが、上記の事情を知り、物でなくても自分はプレゼントをもらったと理解し、巨大サンタに感謝するのであった。

pixivに投稿された作品 pixivで「巨大サンタ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1321

コメント