ピクシブ百科事典

平月太

たいらげった

平月太とは「遊戯王SEVENS」に登場するキャラクター。※メイン画像右
目次[非表示]

概要

CV:三浦礼

小学生バンド「ロアロミン」のドラム担当。
体格が良く、ヘッドバンドが特徴的な少年。

初登場は第10話だがカイゾーに名前を忘れられた上に画面にもほとんど映らなかった。
翌週の第11話で初めて喋り、名前も判明した。

人物

名前通りの食いしん坊で、ロアロミンの楽屋にあったお菓子や弁当を全てたいらげてしまった。
また、ゴーハ社のアクセスを一時的に断つと言う凄腕ハッカー。
霧島ロアとは幼馴染同士で、回想におけるバンドの初期メンバーはロアと彼のコンビだった。
ロアからは「ゲッタちゃん」と呼ばれている。

マキシマム編」ではセツリの庭の刺客としてまさかの再登場。
ロアからの扱いやロアロミンにおける自身の待遇に不満を持っていたところ、西園寺ネイルに七冥館での戦いで披露したプログラミングの腕前を買われる形で寝返ることになった。
この時既にロアロミンを脱退しており、服装も(一昔前の)スーパースターのような衣装に変わっていた。
そして、ロアとデュエルする事になるが、ネイルに与えられたステージ&サクラ(+ウシロウ)によって盛り上げられていたが、時折ロアへの憧れと嫉妬と恨みが表情と声に出ていた。

しかし、ロアの本当の想いを込めた歌を聴いて幼少の頃を思い出し、最後はロアの「ロイヤルデモンズ・インヴェイジョン」の攻撃を受けて敗北。
そして敗北の条件として落とし穴に落とされそうな所をロアに救われて無事に彼と仲直りした。

















はずだったが…
















ルーク「なに~!?ロアが遊我に“高性能ドラムロボを造ってほしい”と言ってただと~!?」


そう、実はロアは自分の代わりとなるドラムロボを遊我に頼んで造ってもらおうとしていて、
それを聞いてしまった月太は…

「次に会う時こそ、バリバリのビリビリにしてやるからなあああああああああああああ!!」

そう吐き捨て、自らロアの手を放し、落ちて行った。
しかし、ロアはその後依頼内容を「ドラム型デュエルディスク」へ変更しており、彼が戻ってくるのを待っているようである。

その後ウシロウの説得によって再びロアの前に現れるも、ロアより「お前たちは俺にとってのエース」としてもう一度彼といる事を決めてメンバーへ復帰。

チームバトルロイヤル編にてウシロウ・ロアの三人で大会に参加するも、ロアがゴーハ社長(ミミ)に拘束されたオーティスの解放を賭けたデュエルを挑んだ為に「自分達はただの数合わせ」「捨て駒のように扱っている」と思い、またしてもチームを抜けた。

その後、ゴーハ66によって改造されたイケメンカイゾーをリーダーとしてウシロウと共に再起動、ゴマをするような態度でカイゾーに接してロアに対する恨みをまた暴露するも、ロミンよりロアの本心を聞いた事で今度こそ本当に改心した。

その後、洗井新太猫山シュレディンガーと共にラッシュデュエル大会の秘密を探った。

使用デッキ

「サンダービート」と名のついた雷族デッキを使用。
上級モンスターを使用せずに下級モンスターだけでビートダウンをするという珍しい戦術を取る(対戦相手がロアだったので、迂闊に特定のエースに頼ると痛い目を見るのでその下級中心に据えた可能性もある)。
魔法カードと罠カードも条件は厳しめだが効果がとても優秀なものが多い。

関連タグ

遊戯王SEVENS ラッシュデュエル誕生編 マキシマム編
ロアロミン

関連記事

親記事

ロアロミン ろあろみん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「平月太」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 20258

コメント