ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

CV:逢坂良太


人物

ゴーハ第3小学校洗い物クラブの主将を務める少年。「洗」と書かれたマスクをつけていて、「~であります」と軍人のような喋り方をする。洗い物クラブ所属なだけに潔癖症で「ウォッシュ!」が口癖。

AIレストランに洗い物の勉強をする為に来ていて、そこでカイゾーの本体を取り戻すために来たはずがルークの食べた料理の代金分の皿洗いをする事になった遊我達と出会う。


ロミンが大量の皿を割ってしまった事で割った皿の分をチャラにする代わりに自分とデュエルをするように仕向け、自分が勝てば一生ただ働きの皿洗いをさせようとしていた。

デュエルの最中もデュエルディスクについていた汚れをちょくちょく拭いていたが、実はこれは、セットしていた魔法カードを任意のものに入れ替えるチートイカサマだった。

洗い物クラブ主将がその実一番汚れていたとは皮肉である。


遊我達はこのチートに気が付くも、ゴーハがシステムに異常を感じなかったために不正として見られなかったが、ルークのパウリエフェクト「ルーク・デ・ビール」により、チートが使えなくなった。

これによりコンボが失敗するも、ロミンをあと一歩の所まで追い詰めたが、返しのターンに大攻勢を受けて敗北する。


実は遊我達の行動に気付いており、彼らを足止めしようとしていたが、卑劣な手を使った事で彼の上の立場と思われる少年・西園寺ネイルから怒りを買い、追放された。


その事で募らせた逆恨みを晴らすべくロミンを拉致しようとクラッキングしたロボットをけしかけたのだが、「ルーク・デ・ビール」が(恐らく偶然)発動し、おかしくなったロボットがルークを連れてきてしまった。

だが、ルークがチートを無効にできない事を知るや否や強気となって勝負を仕掛ける。

前回の不正を反省するどころか、デッキの一番上を操作する「洗井エンジェル」という新たなチート機能を追加しており、さらなる違法コンボでルークのデッキ切れを狙った。

しかし、今回は実力でコンボを止められた上に、デッキ破壊のために大量の手札を与えたことが仇となり、それらを駆使して並べられた最上級ドラゴン軍団の前に敗れた。


その後は前回と同様遊我の口車にいとも容易く乗せられて、ネイルの居場所を洗いざらい吐いてしまい、再び落とし穴に落とされた。

次に彼が現れた時、その心にこびりついた汚れは落ちているのだろうか……


そう思っていた矢先、チームバトルロイヤル編にて再登場。この時はチートではなく、ラッシュデュエルに関するデータをネイルからの指示で猫山シュレティンガーと共に模索していた。


その後もちょくちょく登場している。


使用デッキ

清掃員と軍人を合わせた容姿のモンスターを多数使う。

ロミン戦でのエースモンスターは、相手フィールドに最上級モンスターが居れば墓地の魔法カードを再装填する効果を持つ、「クリーンベレー・モップ大佐」


他にも相手フィールドに最上級モンスターが存在する事を条件とするカードを使用しており、それを覚えていたルークはエースの召喚を控えている。


しかし、ルーク戦ではデッキ内容を変えており、こちらでのエースモンスターは「潔癖大将ビック・タイディ」

お互いのデッキの一番上のカードを墓地に送り、その中にモンスターカードがあれば、相手の手札を全て捨てさせてから同じ枚数分ドローさせるというデッキ破壊に特化した効果。

他にも相手にドローさせるカードを多用しており、前述したチート機能とのコンボも合わせ確実にデッキを削っていった。

……チートを使わずとも組み合わせ次第でコンボが成立しそうなものであるが故に勿体ない。


本当に強いデュエリストにはカードが応えてくれるもの。

清掃をテーマにしたカード達も、使い手によって自分達が汚されていくのは不本意だった事だろう。


関連タグ

遊戯王SEVENS マキシマム編

インセクター羽蛾不正を行うデュエリストの元祖。何度も敗北しても中々懲りない所や相手の策略にまんまと引っ掛かる所、そして実力で不正を覆されて「お前、弱いだろ」と主人公の親友に言われた所が共通する。

バンデット・キース:彼と同じく不正を行うデュエリスト。彼も主人公の親友に実力で不正を覆された点も共通している。

山崎ダビデ別のカードゲームにて不正を行うキャラクター。

関連記事

親記事

マキシマム編 まきしまむへん

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3688

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました