ピクシブ百科事典

王道遊我

おうどうゆうが

王道遊我は、『遊戯王SEVENS』に登場する人物。
目次[非表示]

プロフィール

CV石橋陽彩


人物像

「遊戯王SEVENS」の主人公で、歴代最年少のメインアクト。
ゴーハ第7小学校に通う、デュエルと発明が大好きな小学5年生。一人称は「僕」。
ゴーハに管理されている現在のデュエルを窮屈に感じており、自分の考案した新しいデュエルルールである、「僕のロード」ことラッシュデュエルを世界に広めようとしている。

小学生ながらにデュエルディスクを分解し、独自ルールをインストールしようとするなど高い技術を持っているが、その行動ゆえにゴーハからペナルティを課せられ続けており、アカウント停止1歩手前にまで追い込まれている。

中々ラッシュデュエルの完成に至れない遊我だったが、ルークこと上城龍久の誘いに乗り、「デュエルの王」を選定するという謎の石碑と、それを守るホログラムデュエリストの存在を知る。

石碑の内容から「新たなデュエルでホログラムを倒すことでデュエルの王になれる」と考えた遊我は、ラッシュデュエルでホログラムとデュエルをすることを決意。
実際のデュエルを通してルールをインストールする「リアルタイム・デュエル・プログラミング」によってラッシュデュエルを完成させると共に、ホログラムを撃破する。

そして「デュエルの王」に選定されたことで、自身のみならず周辺住民のデュエルディスクをラッシュデュエル仕様へと変化させた(同時に何故かペナルティもすべて消えた)。
ただし、遊我はあくまでラッシュデュエルを世界に広めて楽しくデュエルをしたいだけであり、デュエルの王の座には興味がない様子。
しかし七冥館での一件からデュエルの王への興味を示すようになる。

チームルークとして行動するようになってからは、ゴーハ社の妨害を掻い潜りながらラッシュデュエルを普及させる方法を模索している。
ネットワーク経由では妨害されているが、実際に遊我とルークがラッシュデュエルを度々行っていることによる口コミや校内新聞というアナログな方面から徐々に浸透しつつある(なお、ラッシュデュエルに関する基幹データはどういうわけかゴーハ社のデータベースに全く存在していない)。

人物

主人公らしくポジティブでマイペース。
窮地に立たされたり想定外の事が起きた時には動揺を隠せない精神的な弱さを持つが、機転の良さとここぞと言う時に賭けに出る芯の強さも併せ持つ。

特筆すべきは小学生離れした頭の回転力と機械工学技術で、さらにここぞという時には悪知恵も働く

その一方で、トラブル関連を全て自身の発明こと「ロード」で解決しようとする悪癖があり、インパクト重視で実用性皆無の発明品を繰り出してはガクトやロミンにダメ出しを食らっている。

ロミン「やめろ!」
ガクト「ノーモアロード!」

しかし、ルークは絵にかいたようなおバカ、ガクトは生真面目なボケ役、ロミンはツッコミ&質問役と、友人たちは悉く濃いキャラの持ち主ばかり、さらに対戦相手となるゲストたちも、安立ミミを筆頭にそれ以上の個性的な連中ばかりであるため、遊我が相対的に埋もれがちになってしまっているのが現状。
念のために言っておくが遊我が平凡なのではなく、周りが濃すぎるだけである。

更に言うと自分からトラブルを起こす事もある為、寧ろトラブルメーカーとして目立っている。

もっと言えば、度々目的の為にカイゾーに無理やりな改造や理不尽な役割を任せたり、バッサリとした言葉を平気で放ったりとトラブルメーカー以上にメインキャラ陣から軒並み畜生キャラとして認識されている節がある

ロードの始まり

デュエルを始めたばかりの頃、遊我は大人ばかりが楽しむデュエルを見て窮屈に感じていた。
ゴーハのデュエル大会を観戦している時、窮屈な現状をどうすればいいのか分からずに悩んでいた。
そんな時、会場に突然現れたデュエリスト・オーティスが大会に乱入し、
セブンスロードマジシャンで次々と相手を倒していった。

「行く手を阻む壁も!山も!惑星も!ロードを切り開いて突き進む!」

その姿を見て何かに目覚めた遊我。
決勝まで勝ち進むも不正発覚で失格となったオーティス。
迷惑そうな顔のゴーハの職員に連れられ退場する中、遊我を見た彼は微笑んだ。

「悩める少年よ。進むべき道は既に心の中にあり。己のロードを切り開け!」

激励の言葉と共にセブンスロードマジシャンをオーティスから貰った遊我。
この出来事をきっかけに新しい事に挑戦するようになり、周囲の困難と意図の末、
自分の想いを実現させた最高傑作、ラッシュデュエルを完成したのだった。

生みのパパの責任

王の証を巡る激闘セツリとマキシマムムツバの伝統、ラッシュデュエルを賭けたデュエルの数々に勝利した遊我達。
その甲斐あってかラッシュデュエルは立ちどころに広まっていき、その勢いは最早ゴーハの力でさえも止める事が難しくなっていた。
そんな中、突如としてゴーハがラッシュデュエル大会の開催を発表。
ルークが意気揚々としている所、ラッシュデュエルで皆が楽しんでくれればそれで良いと思っている遊我は参加しない事を選ぶ。(1チーム3人の為に譲ったともとれる)

大会当日、アサナがある事情で出場出来なくなって人数不足の重機デュエルクラブと会い、ルークは遊我にアサナの代役として入るよう言った。
「俺だって、例えどんな形であれ、お前には一緒のチームに居て欲しい。だが、共に戦った仲間が苦しんでいるのを放って置いたまま頂点に登り詰めたとしたら、俺は許しても、俺の中のルークが許さない!」
しかしそれでも参加を渋る遊我の前に、ホログラムではない本物のオーティスが現れ、ゴーハラッシュデュエル大会の真の意味を賭け、遊我にラッシュデュエルを挑む。

デーモンの召喚とその専用サポートカードを駆使して遊我のセブンスロードの師弟コンビを破壊して場をがら空きにしつつ、ライフを一気に削り追い詰めた。
その後オーティスは遊我に王へのロードを示した頃と比べればデュエルの世界は広がったと語る。しかしその上で「お前のロードはここで終わりか」遊我に問う。
「ただ大会を観ているだけ…傍観者とは即ち、歩むのを止めた者の事だ」
オーティスの言葉に遊我が固まる。確かにこのままラッシュデュエルがゴーハのものとなれば、これまでの激闘虚しく再びデュエルは窮屈になるかもしれない。
そうなってしまえばラッシュデュエルを生み出した意味が無くなってしまう。
「お前には責任があるのではないか?ラッシュデュエルを生み出した者としての責任が!!」
オーティスの激励に近い煽りを受けた遊我は吹っ切れ、大会の参加を決意する。
「そこまで言われちゃあ…立ち止まるわけには、いかないね!!」
そしてセブンスロード・ウォーロックの力を借りてセブンスロード師弟を墓地から呼び戻して再召喚。
そして専用の魔法カード「七・魔・導・連・弾(セブンスツインバースト)」を活用する事でパワーアップしたセブンスロード・マジシャンでデーモンの召喚を撃破、そして弟子のウィッチでオーティスのダイレクトアタックを決めて勝利。
そしてアサナの代役として大会にエントリーするのだった。
しかしギャリアンとシュベールが急用で脱退し、人数不足で大会に参加出来なくとなってしまう。
そこでロミンの提案でバンドメンバー二人に抜けられて同じく一人になったロアと組む事となり、
更に遊我がネイルをスカウトした事でロード、ロック、セツリ、三人の王の資格を持つ者が結集。
更にアサナの力もあって灰覇炎神ヴァスト・ヴァルカンが完成した事でプライドの力も加わった。

こうして死闘を繰り広げた各章のボスと主人公が手を組んだこれ以上ない程のドリームチームが結成されたのだった。

ちょっとー!ズルくないかー?byルーク




使用デッキ

魔法使い族を主軸にしたデッキ構成で、
様々なカード効果を駆使して勝利へのロードを切り拓く。
相手のカード効果による制限の抜け穴を通ったり、倒されたエースを復活させる手段があったりと、臨機応変に立ち回れる。

エースモンスターのセブンスロード・マジシャンを活かすために属性が複数になるようモンスターカード
更にサポートカードとしてセブンスロードシリーズやロード・マジックが組み込まれている。

また、戦士族の暁の勇者ライダクロスで援軍として来たお供の魔法使い族と共に数で押し切る事も出来る。

更に一つの属性に絞っている相手に刺さるライトニング・ボルコンドルや、
レベル6以上の相手モンスターを全破壊出来るフルメテオ・インパクト等も入っており、
まるでマジックショーのように多彩なデュエルを繰り広げる。

関連タグ

遊戯王SEVENS 主人公
天野河リュウセイキャラデザが似ていると放送前から話題になっていた。放送してからは時折見せる腹黒さなどから更に既視感を感じるようになったとも。

関連記事

親記事

遊戯王SEVENS ゆうぎおうせぶんす

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「王道遊我」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 632238

コメント