ピクシブ百科事典

六葉アサナ

むつばあさな

六葉アサナとはテレビアニメ「遊戯王SEVENS」に登場するキャラクター。
目次[非表示]

CV/高橋未奈美

人物

エリート校ゴーハ第6小学校重騎デュエルクラブに所属する重騎乗りの少女で代々ゴーハ市の建設を支えてきた「ムツバ重機」の令嬢。小麦色の肌をした中性的な見た目をしている(幼少の頃は普通に肌色だった)。冷静沈着で紳士的な性格。R6(アールシックス)という名の重機を乗りこなす。

幼少の頃から重機を愛しており、重機からも愛されている。
R6は元々祖父の重機であり彼女自身も幼少の頃から乗せてもらっている。

ムツバ重機はかつてのデュエルにも貢献しており、先代は当時のゴーハ社長と仲が良かったらしい。
しかし、当時開発していたデュエルシステムが行方をくらまし、現在のゴーハによる電子制御のデュエルが流行してからゴーハ社に対して敵意を向けるようになった。特に、ムツバ重機が時代遅れになった原因であるゴーハ社が開発したドローンの発展に対しては苛烈であり、ドローン全般を嫌っている。(言われたカイゾーはがっかりしたが、セバスチャンは何故かそんな彼女に感銘を受けた)
また、規律を伝統を理由にラッシュデュエルを表向きにはゴーハ社のシステムを改造したデュエルと呼んで消し去ろうとしているが、本心では電子制御のデュエルさえも認めていない事が窺がえる。


湖の周りの森でR6が動かなくなって困っていた所に遊我と出会い、R6を直してくれた事で彼と仲良くなる。

それからR6を遊我と乗り友情を深めたが、ラッシュデュエルを許さない心から彼に敵意を向けている。

その後、32話にて再登場し、有栖川ジャンゴ率いる反乱軍の巣窟である旧校舎に乗り込み、そこで遊我と再会。ラッシュデュエルをしていたジャンゴ達を連行しようとしたが、遊我の提案する案として、「自分とデュエルしてもし自分が勝てばジャンゴ達に自由にラッシュデュエルをさせる、そして自分が負けたらアサナの条件を何でも聞き入れる」という事を条件に彼とデュエルをする。

デュエルの最中、微かだがラッシュデュエルを楽しいと思い幼少期に祖父との思い出を思い出すも、ゴーハ第6小の伝統に従い、デュエルを続ける。
最後のターンにてネイル以外にもう所持している者はいないと思われていたマキシマムモンスター「幻竜重騎ウォームExカベーター」をマキシマム召喚して、セブンスロードマジシャンに攻撃して勝利を収めた。
しかし勝者であるはずのアサナの顔は沈んでいた。

そして「勝ったら遊我達に自分の要求を聞き入れる」という条件として、遊我達をゴーハ第6小学校に転校させることにした。
しかし、この転校はとある人物による策略であった。

伝統を重んじているが故に私情と立場の板挟みになりやすく、ラッシュデュエルを楽しいと思いつつもゴーハ6小のトップとしての使命に準じ、ゴーハを憎んでいながらもそのゴーハの関係者が生み出したマキシマムモンスターを仲間達と共に作り上げ、遊我達を陥れていたことを内心悔やんでいた。



使用デッキ

ルークと同じドラゴンをモチーフにしたモンスターを使用するが、彼とは違いドラゴン族ではなく、幻竜族と呼ばれる種族で構成されている。(見た目は似ているが違いは不明)
エースモンスターはフィールド魔法がある事で墓地の味方を復活させる幻刃竜ビルド・ドラゴン
そしてフィールド上の魔法・罠カードを破壊して手札補充をし、手札の数だけ攻撃力をアップさせるマキシマムモンスター幻竜重騎ウォームExカベーター

関連タグ

遊戯王SEVENS ゴーハ6小編

紫京院ひびき:似た感じのキャラクター。

ロボッピ:中の人が同じ前作のキャラ。なおアサナの思想とは完全に真逆のキャラである。

関連記事

親記事

重騎デュエルクラブ じゅうきでゅえるくらぶ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「六葉アサナ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 25635

コメント