ピクシブ百科事典

目次[非表示]

「ようこそ、セツリの庭へ」

「何故山は高いのか、何故海は深いのか、何故空は青いのか、宇宙の全ては誰が作ったのか……『セツリ』だ」

CV:松岡禎丞

概要

天才プログラマーにして天才デュエリスト。ゴーハ社でも噂になっていたが、幹部の一人ですら、その正体を知らなかった。一人称は「私」で、若干11歳でありながら、その精神は大人びている。

プログラマーとしての才能は本物で、3歳の頃に遊び心でゴーハの衛星を乗っ取って流星群を引き起こし、両親に恐れられた。代わりに与えられた遊びであるデュエルでは連戦連勝し、大会でも難なく優勝した5歳の頃、ゴーハ社にスカウトされた。

市内全域に張り巡らされた地下空間「セツリの庭」の中央管制室「ヘイブン」にて、デュエルの管理と統制を担っていたある日、突如として現れたイレギュラー・ラッシュデュエルを削除しようと考え、カイゾー(のオリジナルデータ)を攫い、ラッシュデュエル誕生の鍵を握る王道遊我(と愉快な仲間達)を招いた。

「セツリの庭」に住むデュエリスト達を倒して自分の居る「ヘイブン」に来るよう遊我達に言い渡す。管理者と言うだけあって「もし6回負けたら完全敗北とみなし、アカウントを抹消して一生取得できなくする」と宣戦布告。

常識にとらわれない独特な感性の持ち主で、何よりも「セツリ」を重んじており、汚い真似をした部下を追放する、実力行使によるアカウント抹消をしない、部下に配慮したギミックを用意する、日が暮れる前に遊我たちに帰宅を促す等、卑怯な事を嫌う真面目で律儀な性格であることが窺える。

また、ミミの申し立てから親子対決となり、結果として「同士討ち=ペナルティ」という形になった際も、卑劣な罠を仕掛けたつもりは毛頭なく、総合データから「安立ミミは王道遊我の仲間」として、あくまでも理にかなった正当な判断を下している(事実、ミミが刺客として交渉を申し立てた際に、この結果を見越して「必ず後悔する」と事前に忠告しており、遊我もそれを理解していたからこそ、ネイルを糾弾することはしなかった)。

新たなセツリ・MAXIMUM

ラッシュデュエルを解析している内に、王道遊我の「ロード」に引き寄せられている事を自覚する。そんな中、自らの権限を狙ったトップ・オブ・ヘキサゴン(No.6を除く)にデュエルを挑まれる。
ネイルは自らの中に生じた衝動を形にすべく、リアルタイム・ラッシュデュエル・プログラミングを起動。「ロード」に導かれるままゴーハの幹部を軽く蹴散らし、「セツリ」の先にたどり着いた。それにより、これまでのものとは違う召喚法、マキシマム召喚を開発した。

マキシマムデュエル

ロードの果てにマキシマム召喚という新たなセツリを生み出したネイル。
そのセツリに圧倒され絶望するもライバルから叱咤激励を受け仲間から意志を託され再起した王道遊我。
2人の最後のデュエルがゴーハ社で行われた。
序盤でネイルがデッキを回してユグドラゴを引き当てマキシマム召喚。
しかしワンショットキルを狙うも罠カードで退けられ、更にリアルタイム・ラッシュデュエル・プログラミングによってその場で生み出された超魔機神マグナム・オーバーロードに驚愕。
しかし冷静にユグドラゴの破壊を防ぎ、その後のユグドラゴの攻撃を躱して手札に戻ったマグナム・オーバーロードを罠カードパラダイムシフトでデッキに封じ込める。
その後もセブンスロード・マジシャンとロードマジックを凌ぎつつも逆にライフを回復し、更に手札加速で再度引き当てたマグナム・オーバーロードをデッキに再封印。
しかし王道遊我の諦めない心と仲間達の想いに応えたのか、引き当てられたマグナム・オーバーロードが再度マキシマム召喚。
伏せておいた罠カード対消滅の効果を発動する間もなく、ユグドラゴ諸共ワンショットキルされ敗北。
同条件で戦ったが為にアカウントは消滅するも、ネイルの顔はどこか晴れやかだった。

その後も表には出ないものの、セバスチャンをラッシュデュエルクラブの顧問にしたり、遊我が事態を打開するために送り込んできたカイゾーの頼みを聞き、自身のマキシマムカードを渡すなど裏で根回ししている。

チームバトルロイヤル編

遊我・霧島ロアとチームを組んで出場することとなった。
消滅してたアカウントも公式大会出場のためゴーハから特別に再発行してもらったとのこと。
3人共個性が強すぎる上に霧島ロアとの接点が遊我以外に無いという不安要素があるものの、戦力だけなら最高峰のチーム。

そして決勝2回戦、蒼月学人とのデュエル

一方的な展開だと予想される中、学人が自分自身の闘い方を見出し、結果は引き分けとなった。
ラーメンから新たなセツリを見出したり、純粋にデュエルを楽しむ姿勢など彼の見え隠れしていた一面が多く出ている。


孤高のセツリ

ゴーハ兄弟との戦いでは基本審判として中立を貫いていたが、ゴーハ・ユウオウの社長権限によりセバスチャンを人質に取られ、強制デュエルをすることとなった。
ユグドラゴを最大限に活かした戦術で追い詰めるが、自分の本当に守りたい誇りを見出したアサナと重騎デュエルクラブの絆の力の前に敗北。
その中で自分が「この時間を楽しんでいたかった」こと、そして自分が何処までも孤独だったことを知り、デュエルの最高責任者という立ち位置を己のデッキと共に自ら辞退した。
この後セバスチャンと別れを告げるが、セバスチャンはネイルと離れることを拒み、社長権限の支配から脱するため自ら電源を抜いてしまう。

セバスチャン「ネイル様は…ネイル様は決して一人ではありません!」

自分が思っている以上に孤独ではないということに気づかされたのか、後にゴーハの課長となった遊我が復職を提案したがこれを拒否、逆に彼の仲間達にゴーハで働くことを進言するなど、ゴーハ側の人間では唯一自分の立場を捨て一新することを選んだ。(ゴーハ兄弟や安立ミミは立場が元の鞘に戻っている。)

使用デッキ

「セツリ」を重んじている彼らしく、素粒子論に基づいた名称を持つサイバース族を主体としたデッキ。回転速度を重視しており、手札の入れ替えを繰り返すことで状況に適したカードを手繰り寄せつつ、エースである《天帝龍樹ユグドラゴ》のマキシマム召喚を素早く行い、その圧倒的アドバンテージで対戦相手を蹂躙する。
更に相手手札のエースカードをデッキに封印したり、自分のエースカードを守りつつ回復したり、最後の手段として相打ち覚悟の罠を用意したりと相手の勝利を徹底的に潰す。
更に効果発動後のユグドラゴをリリースしてヴィスカム・ナノトロンをアドバンス召喚し、
その効果で回収したユグドラゴを再降臨させて効果を再度発動するという誰もが驚く離れ業もやってのける。
このように逆転の手を許さずアドバンテージを持ち続ける立ち回りこそが彼のデュエルの真骨頂であり、幼少期の頃からこのスタイルが確立していたのかもしれない。


関連タグ

遊戯王SEVENS マキシマム編

関連記事

親記事

マキシマム編 まきしまむへん

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「西園寺ネイル」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「西園寺ネイル」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 53173

コメント