ピクシブ百科事典

安立ヨシオ

あたちよしお

TVアニメ「遊☆戯☆王SEVENS」に登場するキャラクターで第8話に登場。
目次[非表示]

人物

某世紀末物語を連想させる風貌の成人の男…
に見えるが、実際にはムキムキの体格ボディのスーツを着た冴えない少年で安立ミミの実の息子。遊我より一年下の小学4年生。
根は素直で母親思いの良い子なのだが、助言などを素直に聞きすぎる面と思い込みが激しいために後述の理由で世紀末な格好をすることになる。。
好物はスパゲッティナポリタン

経歴

元々ラッシュデュエルに興味を持っていて、母親にもやってみたいと言うが母親に「ラッシュデュエルは不良がやるもの」「世界を無秩序混沌で狂わす極悪デュエル」と言われた挙句、「わがまま言うともうスパゲッティナポリタン作ってあげない!」とまで言われ、この事を学校新聞のルークの何でも人生相談(第5話にて新聞部にデュエルに勝利したことで立ち上げたもの)に相談した結果、「そうか、お母さんを大事にしろよ!グッドラック!」と質問とはかけ離れた返事をされ、"グッドラック"を自分の憧れであるアニメのキャラクター世紀末ヒーローグッドマックスにこじ付け、自分もそのグッドマックスのような格好をした結果、母は「息子が世紀末決闘者になった!=ラッシュデュエルのせいで息子がグレた」と思い込み、結局ラッシュデュエルを完全に禁止される(さらに、もしラッシュデュエルをしているのがバレたら一生スパゲッティナポリタンを作ってくれないと嘆いている)。
なお、グッドマックスは、一見ヒャッハーな無法者に見えて、世紀末な世界に立ち向かうダークヒーローなのだが、アニメの内容を知らなければそんな姿になった息子を見れば普通にグレたと勘違いされても仕方がない。

それからは無茶な回答を出したルークを恨み、子分二人+子犬一匹と公園の自動販売機を占領し、彼とデュエルをする。そして自分が勝ったあかつきにはルークに母親を説得してもらうように言うが、結局はルークの新たなエースモンスター、ドラゴニック・スレイヤーの前に敗れる。

デュエル終了後、清々しい気持ちでルークと和解し、ルークの言葉で改めて母親に説得を試みることにするが、当の母親は途中からデュエルを見ていて息子の笑顔に心を打たれたらしく、ちゃんと勉強もする事も条件にラッシュデュエルを認められ、その日の夕食にスパゲッティナポリタンを作ってくれた。

なお、「ヨシオ」としか名乗ってないので、遊我たちは姓を知らず、ミミと何らかの関連があることに気付いてない。

使用デッキ

乗り物に乗った獣人がモチーフの獣戦士「獣機界」を使用。フィールド魔法の「世紀末獣機界ビーストギアワールド」を使って自分のモンスターの攻撃力を上げ、相手のモンスターの攻撃力を下げていくビートダウンデッキ。
ラッシュデュエルはまだカードの除去が少ないためモンスターのバトルがものを言う様に設定されているので、脅威度は高い。
切り札は獣機界王カタパルト・デビルコング
味方を犠牲に守備表示モンスターを破壊する効果を持つ。
母のお水モンスターと同じ『デッキ改造パック_驚愕のライトニングアタック!!』に収録されることが決定している。

関連タグ

遊戯王SEVENS

山野バン:ヨシオ同様に最初は興味のある物母親に許してもらえなかったが、最終的には許してくれたキャラ繋がり。(だが、彼の場合はその興味ある物を開発した父親がとある事件に巻き込まれた為に母親がそのせいで父親が死んだと思い禁止されていた)

関連記事

親記事

遊戯王SEVENS ゆうぎおうせぶんす

兄弟記事

コメント