ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

昼間は銀毛のであるが、夜になると黒犬になるという魔獣。

見た目は普通の犬とは変わらないが、良く足下を見てもらいたい。
空にさんさんと太陽が輝いていても、なんらかの光に当たっていても、地面には少しもが映らないのだ。

もしあなたがそれに気づいたのなら、その場から一目散に逃げだした方が良い。
この呪いの犬に取り憑かれてしまうと、死ぬまでに13回の不幸に出会って苦しむと恐れられているのだから。

実は...

この名と説明は佐藤有文著の『世界妖怪図鑑』に掲載されたもので、元絵はイギリスの聖職者であり作家であったエドワード・トップセルによって、17世紀に著された『四足獣物語』に掲載された、踊ったり芝居をするばかりか、貧しい家で召し使いの仕事までもすることができる「ものまね犬」と紹介された木版画である。

なおこの木版画の犬には影があり、後に別な妖怪図鑑に掲載された際には、名の通り影が無いイラストが描かれている。

関連タグ

佐藤有文 世界妖怪図鑑 
 魔獣 ブラックドッグ 疫病神

関連記事

親記事

佐藤有文 さとうありふみ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「影なしドッグ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 107

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました