ピクシブ百科事典

悪霊の洞窟

あくりょうのどうくつ

ゲームブック「ファイティングファンタジー」シリーズの第30弾。著者はルーク・シャープ。
目次[非表示]

「悪霊の洞窟」とは、イギリスの出版社「ペンギン・ブックス」から出版されていたゲームブック「ファイティングファンタジー」シリーズの第30弾「CHASMS OF MALICE」の日本語版タイトルである。出版社は社会思想社。

作品解説

クール西に位置する小さな王国、ゴラク。
そこは、初代国王『偉大なるタンクレッド』が、弟オルガズとともに地下世界に赴き、一人で帰還したのちに築いた王国である。かつては地下に住む盲目の民ガッドンの住む地下王国の入り口も兼ねていた。
しかし、タンクレッドの弟オルガズは、地下の悪霊により奪われ、悪なる存在そのものに変わってしまった。戦いの末にオルガズ、そしてそのしもべの悪霊たち「クッダム」は、暗き洞窟に投げ込まれた。高貴なるガッドンの騎士たちにより、未来永劫オルガズは見張られる事に。
悪霊の力は、強力なマジックアイテム「真の盾」に封じられ、ゴラク城の最下層に安置された。
そして幾年の歳月が流れ、現在。
ゴラク王国の王座は長く空位になっており、現在はライダーマーク卿が摂政の座に付いていた。

ライダーマーク卿は、知人の大魔術師アストラガルを召喚していた。
ここ最近、見た事もない怪物が王国に現れては、国民を虐殺する事件が相次いでいたのだ。国でも勇猛果敢で有名な「灰色騎士団」の団長・アズレフも行方不明に。
アストラガルもまた、この事について調べるために、王国の年代記を広げ「真の盾」の記述を見つけていた。そしてゴラク城最下層に赴くと、そこに恐ろしい光景を見た。
封印が壊され、「真の盾」が何者かに持ち去られていたのだ。地下には、暗き洞窟に通じる割れ目も出来ていた。
まず間違いなく、何者かがオルガズとクッダムを解放したのだ。だが、まだ「真の盾」は完全に破壊はされてはいない。もし盾まで破壊されたら、7匹のクッダムはその力をかけ合わせ、49になり、2401になり、5764801に……と、無限に増加していくからだ。そうなったら、どんな英雄であろうとクッダムを、そしてオルガズを倒す事は不可能になる。
アストラガルは述べる。オルガズを倒すには、七匹のクッダムを全て倒す必要がある。そして、「偉大なるタンクレッド」の正当な子孫だけが、オルガズの邪悪な力に対抗できると。
すでに何世代も前に、タンクレッドの血筋は途絶えていたはずだが……アストラガルは水晶玉を用い、王の末裔を探し出した。

その末裔……君は、ゴラク城の厨房で働いていた。アストラガルにいきなり引っ張られ、宝物庫に連れていかれた君は、呪文をかけられる。
すると、君の手に一振りの剣が現れた。その剣を手にした君に、アストラガルは言う。
「タンクレッドの血を引く御方よ」と。
『真の盾』に関する話を君に語った彼は、オルガズを倒し、盾を取り戻せるのは、「光り輝く剣」を手にする事が出来る君以外にないのだと述べる。
また、アストラガルはゴラクに裏切り者がいるはずだとも述べた。その者が封印を壊し、真の盾を地下に放り込んだに違いないと。
アストラガルは、魔法の薬の代わりに一匹の猫、猫神の血を引く『自慢たらたらのタバシャ』を授ける。
君は剣と猫を携え、皮鎧とザックとともに……地下室の割れ目へと向かっていった。
オルガズを倒し、「真の盾」を取り戻すために!

シリーズ30弾。
スター・ストライダー」の著者である、ルーク・シャープが手がけた一作である。
クールの一地方の小国。その地下世界を舞台にした、迷宮ものでありながら、オープンフィールドものにも近いテイストを有している。
洞窟を行き来する点は、地下迷宮を彷彿とさせるが、内部には河川もあり、商業区域のような生活圏もあり、城砦も存在している。
その内容も、「迷宮の最奥に潜む、魔術師や悪魔を倒す」といったジャンルの変形で、「地下迷宮を、閉じた空間・舞台ではなく、『オープンフィールドの自由さ・バラエティに富んだ舞台』にしたい」といった狙いも感じられる。
この地下世界をより展開させるために、新種族「ガッドン」を登場させている。普通の人間では生活できない環境下(自然光が全く届かないため)で、光自体を必要としない、そしてドワーフなどとは異なる種族として作られたと思われるが、この新種族が今までの迷宮ものには無い魅力を感じさせている。
ガッドンが生来盲目ゆえに、暗号数字に記号という、おそらく点字をモデルにした数字に記号もまた、この地下世界に彩を添えている。とくに暗号数字は、選択次第では読み方を学ぶ事が可能になる。そうなった後、パラグラフジャンプでより有利な道を行く事が出来るのだ。

また、SF作品では良く行われていた追加ルールを、本作でも取り入れている。崖やつり橋の上など、一撃で勝敗が決まる戦闘を「一撃戦闘」としてルールに取り入れているのだ。
ガジェットも、初期シリーズには必ず携えていた「魔法の薬(技術、体力、運のいずれかを、一度だけ原点に戻せる)」がなくなり、かわりに「自慢たらたらのタバシャ」という猫を同行させる事で同じ効果を持たせている。
更にタバシャには、「ソーサリー」シリーズの女神リーブラのように、(選択肢があれば)危機的状況を9回まで救う魔力を有している。

難易度もそう高くはないものの、正直な所、ストーリー面がやや弱く、かといってゲーム性・パズル性なども強いとは言えず、何度も繰り返して挑戦したい……という魅力に欠けるのも事実。実際、舞台やガジェット、新ルールなどは、作品内で使いこなせていない感もある。
新機軸や新たな舞台など、作り手の意欲は感じられるが、いまいち空回りしている感も否めない。そんな一作ではある。
しかし、決して駄作ではなく、著者ルーク・シャープの筆力は伝わってくる作品でもある。

主な登場人物

主人公=君

本作の主人公。
それまではゴラク城の厨房にて、ウサギ皮剥ぎ職人の第三見習いとして働いていた。アストラガルに見出され、光り輝く剣を手にする。自分がタンクレッドの王の末裔だった事は知らなかった様子。

ライダーマーク卿

王座が空白の状態のゴラク王国を統治していた摂政。自身は王の血筋ではない。
王国と民を公正に統治していた。

アストラガル

ゴラク王国の大魔術師。ライダーマーク卿とは知人であり、平和的に統治するため互いに協力していた。主人公=君に、血筋を教え、オルガズを討つようにとうながした。

アズレフ卿

ゴラク王国灰色騎士団で、最も偉大な騎士。クッダムに連れ去られ、行方不明になっていた。地下でオルガズに捕らわれ、首輪をはめられ、鍛冶屋として無理やり働かされていた。
主人公は、何度かアズレフ卿に食事を給仕した事があった。選択により出会い、囚われの主人公を命と引き換えに助ける。

アプスラ・スムースチーク

ガッドン地下王国の、ドワーフの盗賊団と行動を共にしている女性の盗賊戦士。高地人だが、この地下王国で両親を殺され、以後はガッドンの民に育てられた。成長してからは、ドワーフたちと行動を共にしている。ドワーフたちとともに入手できるもの全てを入手し、時には略奪で生計を立てている。ゾクサイ戦闘隊とも何度も戦い、オルガズとも敵対している。

オルガズ

初代王タンクレッドの弟。元はタンクレッドとともに地下世界に赴いたが、その際に悪霊と化し、タンクレッドおよびゴラク王国の最大の敵になってしまった。しかし、配下のクッダムともども、真の盾にその力を封印されていた。身体のある一か所に急所を有しており、光り輝く剣で戦いダメージを与えた後、その急所に一撃を加えねばならない。
オークのゾクサイ部隊を手先に用い、一般人のドワーフやガッドンには、棘付きの首輪をさせて精神を支配している。戦う時には、禍々しい全身鎧姿になって向かってくる。

種族

ガッドン

別名フィールブレスレン。
生まれつき盲目の種族。視力を欠いている事と、それ以外の感覚が極度に鋭い事以外は、人間と変わりはない。
起源は不明だが、元は南西クールに住んでいた人間で、地下に移住した者たちの末裔と考えられている。盲目故に瞳は白濁しているが、他の感覚が鋭いために一般人も闇の中で支障なく生活している。特に戦士は、暗闇の中では超一流と言える。
複雑かつ光の差さない地下迷宮において、独自かつ特殊な文化を築いている。書物も存在し、点字のような暗号文字も用いる。明りは必要ないが、料理や暖房のために火は用いる。
ガッドン人たちは地上の事を「高地」と呼んでおり、地上から地下を訪れた人間たちを「高地人」と呼んでいる。
クールに限らず、このゴラク城地下に広がる地下世界以外、特に地上世界でガッドン人を見かける事は、タンクレッド王が登場してからは皆無。

クッダム

別名、『七人の残忍な僕』。
起源は謎。ヴァンパイアの一種とされる。
現在は真の盾により封じられているが、解放された場合はオークをはじめとする混沌側軍勢を率い、平和と秩序を破壊するために進軍し始める。
また、指数関数的に分身する能力……すなわち、7人が7倍の49人に、49人が49倍の2401人に、2401人が2401倍の576万4801人と増殖する。増殖してしまったら、誰もクッダムを、そしてそれを率いるオルガズを倒せなくなる。
その姿は、長身の人間型種族で、頭巾の付いた黒い外套にチェインメイルを身に付けている。目は赤く、口には長い牙、手には鉤爪を持つ。
七体のクッダムには、それぞれ性別と好む武器とがある。

  • バルケク:男性。鋸刃の剣を持つ。
  • チュルカ:女性。素手で戦う。
  • フリアンカラ:女性。クッダムたちのリーダー。両刃の斧、または毒のある長い鉤爪を武器とする。
  • ゲシュラク:男性。シミターを武器に持つ。
  • グリフケク:男性。シミターを武器に持つ。
  • ガースクット:男性。素手で戦う。
  • カフラク:男性。巨大なシミターで戦う。
七体全てのクッダムは、不死身のヴァンパイアと同等に、催眠術を用い、鋭い感覚による追跡と変身能力を有する。
クッダムの起源はあまりに謎が多く、元からオルガズと同じく悪霊により邪悪に変えられたのか、あるいは悪霊が自ら作り出したのか、もっと後の時代にオルガズが堕落させた偉大な戦士たちだったのか、様々な説がある。
増殖する際には、粉末状の物体から蛆のような途中段階がある。そのため、タイタンに捕らわれた混沌の神々、そのひとつが関わっているものと伺える。

舞台

ガッドン地下王国

ゴラク城の地下に広がる、広大な地下都市。かつてはゴラク城が出入口となって、ガッドンの民と高地人とのやりとりが行われていた。現在は交流はほとんどない。

アイテムなど

自慢たらたらのタバシャ

アストラガルが主人公に与えた、一匹の雌猫。
猫神の血を引く一族に属しており、常に主人公の近くを離れず、求めに応じてくれる。また、頼まなくとも食料(毛虫やメナシ魚など)を取って来てくれることも。
その有している力により、九回までは奇跡を起こす事が可能。魔法の薬のように、技術や体力、運などを回復させるのみならず、危機的状況に陥った時に救いの手を差し伸べる(多くの怪物に囲まれた時、即座にそれらが殺されるなど)などの奇跡が起こせるのだ。

光り輝く剣

主人公の手の内に現れた剣。その名の通り、刀身が光り輝き、明かりとして用いる事ができる。タンクレッドの王家の者にしか使えない。また、使い手とは不思議な縁で繋がり、離れてもすぐに手元に戻る(取り上げられても、すぐ近くにたまたま置かれていたなど)。
オルガズを倒すためには必須のアイテムだが、更には「心の炎」を用いて鍛える必要がある。

真の盾(まことのたて)

オルガズやクッダムなど、悪霊の力を封じた強力なマジックアイテム。
奪われ、壊されている最中。もしも完全に破壊されたら、悪霊の力は完全に開放され、オルガズがこの世界を支配する事になる。
アイテムとしては、直径が人間の身長ほどある巨大な丸いシールド。そのため、武具として用いる事は不可能。

ゾクサイ戦闘隊

ガントレットの腕を紋章とする、オルガズの配下。オークやゴブリン、闇エルフやトロールなどで構成されているが、時折高地人も徴用する。
死をも厭わぬ過酷な訓練を行い、実際毎回何人かが必ず死んでいる。そしてその分、戦闘やその団結も固く、この部隊に属しているオークは忠誠心も戦闘能力も含め、通常のオーク以上に勇敢で勇猛。
ドワーフやガッドン人などを捕まえては、オルガズの首輪をはめて奴隷にしてしまう。

コユンル

地下世界に住む家畜。何本もの山羊のような角を生やした、馬に似た毛むくじゃらの姿をしている。手綱は付けず、跨った者は足の動きだけで操る。ゾクサイ戦闘隊のみならず、アスプラとドワーフたちも用いる。

関連記事

親記事

ファイティングファンタジー ふぁいてぃんぐふぁんたじー

兄弟記事

コメント