ピクシブ百科事典

憎しみの像

にくしみのぞう

憎しみの像とは、クトゥルフ神話に登場する外なる神・ナイアルラトホテップの化身の1つである。
目次[非表示]

概要

 今は絶滅したアフリカの部族に崇拝されていた、ナイアルラトホテップの化身の1つ。
 かつては『邪悪でおぞましいトーテムポールとされていたが、これは絶滅した部族のそれに憑依していたからである。
 今尚、少数のカルトがこの化身を崇拝しているが、現在はトーテムポールではなく、慰霊碑等の大多数の死者に纏わるオブジェクトに憑依する。

 完全に顕現した場合、『死者の血肉で肉付けされた塔の頂きに、1対のコウモリの翼を備えた存在』とされる。

能力

 憎しみの像は召喚者が関わった、戦争の記憶を再現する。
 これは現世にて再び争わせる事を指し、再現された戦争はこの存在が能力の行使を止めない限り、どちらかが敗北するまで終わらない(更に厄介な事に、憎しみの像は開戦させるだけで、後は傍観者に徹すると言う、質の悪さを見せ付ける)。

憎しみの像の従者

 この存在は専属の従者を引き連れている。
 従者は約2.4mの亜人種だが、頭部はねじ曲がった人外の頭蓋骨となっている。
 従者は常に2人1組で行動し、前述の能力で再現した死者を、担いでいる担架に乗せて使役するとされる。

関連タグ

クトゥルフ神話
ナイアルラトホテップ

関連記事

親記事

ナイアルラトホテップ ないあるらとほてっぷ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「憎しみの像」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 106

コメント