ピクシブ百科事典

手鎖

てじょう

江戸時代に行われていた刑罰のひとつ。腕を拘束して自由を奪った形で罪人を謹慎させる。
目次[非表示]

概要

江戸時代に行われていた刑罰のひとつであり、に閉じ込めるまでもない軽いを犯した罪人に処された罰のひとつ。「てじょう」の他に「てぐさり」ともよばれる。
瓢箪の様な形状の拘束具で両腕の自由を奪い、その状態で所定の期間謹慎させる。定期的に役人が封を解いていないか確認に訪れ、途中で封を解いて外したことが判明した場合は罪が重くなる。
また逃亡する可能性の低い未決囚の判決が出るまでの間の軟禁や金公事(※)で敗訴した者が判決に従わない場合の督促としても用いられた。

※・・・金銭の債権に関する訴訟のことで「かねくじ」とよむ。

pixiv内では・・・

手錠タグイラストのうち拘束具として使われているイラストと同じ傾向のイラストが投稿されている。

関連タグ

拘束具
刑罰 拘束 謹慎
手錠・・・近い用途のもの

pixivに投稿された作品 pixivで「手鎖」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5985

コメント