ピクシブ百科事典

打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?

うちあげはなびしたからみるかよこからみるか

テレビドラマ、およびそれを原作としたアニメーション映画、漫画作品。 岩井俊二が生み出した「究極の選択」
目次[非表示]

概要

映像作家、岩井俊二の出世作。主演は奥菜恵山崎裕太
究極の選択をテーマにしたドラマシリーズ「If もしも…」からのエピソードとして1993年8月26日放送。本来この日に放送するはずだったエピソードは誘拐事件を扱った内容だったが、同年8月に発生した現実の誘拐殺人事件の影響でお蔵入りになり、急遽このエピソードに差し替えられられるという形での放送となった。
1995年には再編集したものが映画化された。因みに原作に登場したタモリは出てこない。

2017年8月18日にアニメ映画が公開。
アニメ版の総監督は新房昭之、脚本は大根仁。アニメーション制作はシャフトが担当。
原作は約50分の中編ドラマのため、映画化にあたってストーリーが追加されており、また主人公たちの年齢も小学生から中学生に変更されるなど大きくリメイクされている。
この作品にもタモリは出てこない。大事なことなので2回言いました

ストーリー(実写版)

人生の分岐点を題材にしたフジテレビがかつて放送したドラマ『If もしも』。
そこで語られるエピソードの一つである『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』の重要キャラである及川なずなも、他の主人公同様に人生の分岐点に遭遇する。
その切っ掛けは、両親の離婚による転校に反発して家出した事から始まる。
その際、プールで競争する典道祐介を見て、勝った方と駆け落ちしようとひそかに賭けをする。
なずなが選ぶのは、Aルートの祐介か?それとも、Bルートの典道か?

ストーリー(アニメ版)

夏のある日、海辺の町に住む中学1年生の島田典道(CV:菅田将暉)は、幼馴染安曇祐介(CV:宮野真守)と共にクラスメイトの及川なずな(CV:広瀬すず)に密かに想いを寄せていた。

一方、母親が再婚し二学期から転校することが決まっていたなずなは、ある日典道を誘い町から逃げようとするが、失敗し連れ戻されてしまう。

なずなの本心を知った典道は、もう一度同じ日をやり直すことを願う。

登場人物

島田典道(演:山崎裕太 / CV:菅田将暉
及川なずな(演:奥菜恵 / CV:広瀬すず
安曇祐介(演:反田孝幸 / CV:宮野真守
なずなの母(演:石井苗子 / CV:松たか子
三浦先生(演:麻木久仁子 / CV:花澤香菜
純一(演:小橋賢児 / CV:浅沼晋太郎
和弘(演:ランディ・ヘブンス / CV:豊永利行
稔(演:桜木研仁 / CV:梶裕貴

主題歌

打上花火
作詞・作曲 - 米津玄師 / 歌 - DAOKO×米津玄師

関連動画

特報


予告




外部リンク

アニメ公式サイト
アニメ公式Twitter
wikipedia

pixivに投稿された作品 pixivで「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 233803

コメント