ピクシブ百科事典

摩周丸

ましゅうまる

摩周丸とは、船舶の名称のひとつ。ここでは、国鉄(→JR北海道)に在籍していた船舶に関して述べる。
目次[非表示]

概要

「摩周丸」と名乗った国鉄の船舶は2隻存在する。いずれも青函連絡船の船舶であった。

初代

1948年に浦賀ドック(神奈川県、住友重機械工業に吸収合併されそこの浦賀造船所となったあと2003年廃止)にて完成・就航。
函館空襲・青森空襲でほぼ「終わってしまった」青函連絡船の「完全復活」のために建造された洞爺丸級船舶のひとつ。
1964年10月まで活躍した。

二代目

1965年に三菱重工神戸造船所(兵庫県神戸市)にて完成・就航。
船体の下部が濃い青に塗られていた。
実は客を乗せたままナハネフ10(→オハネフ12)やオハネ17(→スハネ16)を載せるつもりで作ったのだが、運輸省(現在の国土交通省)に「そんな事させねーよ」と因縁を付けられ、結局実現せず、それに対する設備が残ってしまった。

1988年3月の、青函トンネル開業に伴う青函連絡船廃止まで運行を続けた。
現在は函館市内にて(函館湾に浮かぶ)博物館として活用されている。

関連項目

発音ミク

外部リンク

函館市青函連絡船記念館摩周丸(函館市公式サイト内)

pixivに投稿された作品 pixivで「摩周丸」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 166

コメント