ピクシブ百科事典

羊蹄丸

ようていまる

国鉄連絡船の青函航路で用いられていた車載客船。青函航路が廃止されてから、お台場の「船の科学館」に展示されていたが、解体されたため現存しない。
目次[非表示]

羊蹄丸は、国鉄青函航路で旅客と鉄道車両を輸送するために設計された鉄道連絡船。
名前は北海道羊蹄山から。
国鉄連絡船において『羊蹄丸』の名前は合計2回使われたが、Pixivでは初代を描いた作品が無いため、このページの内容も2代目のものである。

概要

国鉄初の自動化船である津軽丸型の第6船で、八甲田丸や摩周丸と同型である。
建造は、大阪にあった日立造船桜島造船所。
1965年に竣工・就役して以来、1988年3月に青函トンネルの開通とともに青函航路が臨時便となってからも走り続け、同年9月に臨時便の廃止と青函航路の終焉を見届けた船であった。

青函航路廃止直前の1987年に国鉄が分割民営化されたが、青函航路と連絡船はJR北海道が継承し、母港は東京港から函館港に移された。

フローリングパビリオン羊蹄丸

青函航路が廃止されてからは、博物館として改装を受けて、東京台場の「船の科学館」に係留、展示されていた。
船の科学館では、南極観測船宗谷」の隣に係留されていたものの、2011年に船の科学館が休館となると同時に無償で譲渡されることとなった。
譲渡が発表されると複数の申し入れがあったが、結局保存目的の譲渡とはならずに、船舶の解体と再資源化の研究に供されるために解体されることが決まった。
2012年3月に、解体設備がある香川県多度津町へ向けて最後の航海に出る。
香川県に到着してからは、新居浜港で短期間展示された後、船内の資料や備品、調度品などを八甲田丸などに託して解体が行われた。
翌2013年に解体が完了。

姉妹船

ネームシップの津軽丸を筆頭に八甲田丸松前丸大雪丸摩周丸と続いて第6船。末っ子の十和田丸から数えると下から2番目。
同型船は、青森駅傍に係留されている八甲田丸と函館港に残る摩周丸の2隻を除いて、国内には現存しない。

pixivに投稿された作品 pixivで「羊蹄丸」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 17

コメント