ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

擬似式神:妙童鬼義賢

みとりおねえちゃんをぺーろぺろーぅ

『擬似式神:妙童鬼義賢』とは、東方projectの二次創作ゲーム『東方ロストワード』に登場する別世界?の河城にとりのことである。
目次 [非表示]

「『吾は後鬼』。水を司り、笈を背負う鬼なり。』……あれっ、今ちょっとボーッとしてた。ええっと……河城にとりだ。」

概要編集

秘封ロストワードに登場する、変生世界の河城にとり

八雲紫が『異界から収集した情報』をもとに開発した特殊な式神を使役する式術において、後鬼』の内容・方式の式の二段仕込みで実装された異界調査向けの姿


式神の記憶媒体とされる尻尾(蓑亀のような尻尾)が生えているが、普段は仕舞っているらしい。

また、このにとりが入っている『玉』の中は普段のにとりの工房につながっているという。


紫がこのような式を運用する目的はあくまで調査のための技術研修らしいが、にとりはこれに興味を持って参加したらしい。

あわよくばその技術を直接この目で盗めるかもしれないと睨んでいたようだが、式神の起動中は後鬼が心身の主導権を握るためその目論見は到底叶いそうにない様子。



メインストーリー第4章3編で、が主人公に渡した玉ゆかりんボール」から出てくるL1世界のにとりとの関連性は不明である。ただし『異世界の調査に適した姿』という点については、玉から出てきたにとりが、言及していた改善案とだいたい同じだったりする。

立ち絵の背景では橙色の玉からにとりが飛び出してくるように描かれているが……。


衣装は東方智霊奇伝にて登場したの道士服にそっくりだが、前掛けが水色に変わっていて、にとりの元々の面影を残すように細かくアレンジされている。

カバンと帽子の色も緑から水色に変わっており、後鬼の「青鬼」の要素が強調されているようにも見える。

ちなみに背負っているカバンは「板笈(いたおい)」と呼んでいるらしいが、その見た目はいつものリュックサックの色違いである。


汎異記号は「Lr」


プレイアブル化編集


テーマ曲編集

擬似式神のにとりのテーマ曲は、flap+frogの「PROPELLER」。原曲は「芥川龍之介の河童 ~ Candid Friend」。


余談編集

気質は「谷風」。谷を渡って吹く風、または東風のこと。


小ネタ編集

BGM編集

テーマ曲の「PROPELLER」は、2010年に頒布されたflap+frogの「stereophonic voyager」にて初めて収録された「芥川龍之介の河童 ~ Candid Friend」のアレンジ楽曲である。


「propeller」は日本語におけるプロペラのことで、飛行機や船などの原動機から出力される回転力を推進力へと変換するための装置のこと(ただし船の場合はスクリューと呼ばれる)。


ショット・スペルカード編集

拡散ショットは東方心綺楼、集中ショットは東方憑依華で使用されたスキルのアレンジ。それぞれ「キューリサウンドシステム」「ミズドリラー」が元となっている。演出は原作と比べるとそこまで変わっていないが、ドリルは「金棒」という設定のためか鉄の色から金色に変わっている。


スペルカードは恐らく、東方風神録のにとりのスペルカード水符「河童のポロロッカ」系列河童「お化けキューカンバー」のアレンジ。

「理水瓶」は後鬼が陰陽の陰を表す青鬼で、理水(霊力のある水)が入った水瓶を持つとされていることからと思われる。

「カルス培養の修験板笈」は板笈から特殊な種子を取り出して用いる弾幕とされていて、恐らく後鬼の「種が入っている板笈を背負っている」という要素から、にとりのお化けキューカンバーが採用されたと思われる。

板笈は修験者の背負う箱で、前鬼と後鬼はこれを背負っていたとされる。


CV編集

ボイス1は白砂沙帆氏、ボイス2は小山百代氏、ボイス3は門脇舞以氏が担当する。


門脇舞以氏はお姉ちゃんペロペロの歌でお馴染みのアールグレイ古明地こいしの声優を担当したことがある。

そのため、メルランとは違いこちらは"他所"の存在しない姉ペロペロしてしまうことになるが……。


関連タグ編集

秘封ロストワード

河城にとり 東方LW・実装キャラクター一覧

L世界団


擬似式神:善童鬼義学


八雲紫

後鬼

大峰山

関連記事

親記事

L世界団 とうほうろすとわーど

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1285

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました