ピクシブ百科事典

昔取った杵柄

むかしとったきねづか

ことわざの一つ。「上方(京都)いろはかるた」の一つでもある。
目次[非表示]

概要

若い頃に身に付けた技能技術は時が経っても体が覚えているので、いざという時には役に立つという意味の語。

語源

「杵柄」(きねづか)とは餅つきに使う(きね)の(え・つか)の事で、本来は「餅つきの腕前」を意味する語であった。
昔はどこの家庭でも年末には自宅で餅つきをするのは当たり前であり、特に男の子父親から杵の持ち方から厳しく教えられたものであった。その腕前は年を取って隠居の身になっても衰えることがないので、いざ杵を持てば上手に餅がつけるということに例えたものである。

同義語

昔千里も今一里 昔の剣今の菜刀

関連タグ

ことわざ 餅つき
篠塚和典:現役時代には「昔取った篠塚」とパロディにされることが多かった。

pixivに投稿された作品 pixivで「昔取った杵柄」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 10361

コメント