ピクシブ百科事典

目次[非表示]

cv:水樹奈々

概要

お幻の孫。伊賀鍔隠れ衆の一人で次期当主。「破幻の瞳」をその身に宿す。
だが、ほとんど一般人として育てられたため忍びとしての修行を一切しておらず、戦闘力は皆無。
次期当主としても実権はお幻や薬師寺天膳が握っており、ほとんどお飾りでしかない。
誰にでも別け隔てなく接する心優しい少女で、伊賀者たちにも純粋に慕われ、大事にされている。
伊賀と甲賀の和平を誰よりも喜んでおり、婚約を結んだ甲賀弦之介にも深い恋慕の情を抱いている。

性格

先述の通り少々天然ボケの入った心優しい少女で、周囲の者を引き付け癒す魅力を持っている。
世間知らずで正しく「お嬢様」といった趣だが、それでいて芯は強く、自分の信念を曲げない気丈さと精神力の強さを持っており、単なるお飾りではない器の大きさを見せる。
しかし、それ故に実際に争いとなっても自身の力を使うことを望まず、弦之介と相対することを嫌い、頑なに伊賀側の旗印となることを拒否し続けている。
そのため、伊賀者たちも当初は朧に悟らせずに甲賀者の抹殺を進めようとしていた。

戦闘力

先述の通り、忍びとしての修行を一切積んでおらず、朧自身の戦闘力は皆無である。
しかし、その目で見たありとあらゆる超常の力を問答無用で無効化してしまう強力な「破幻の瞳」をその身に宿している。類似の術に「瞳術」があるが、「瞳術」はお互いの視線が合わないと効力を発揮しないのに対して、「破幻の瞳」は視線を合わさずとも相手を見るだけで一方的に発動できる点で異なる。さらに「破幻の瞳」は「瞳術」にも打ち克てるというチートぶりである。
そのため、「瞳術」の脅威を何よりも危惧していた天膳からは伊賀の切り札として目されており、彼が執拗に無力なはずの朧を伊賀の大将として祭り上げようとした理由にもなっている。
しかしこの瞳は味方にも効いてしまうという諸刃の剣で、作中でも「見ないで下され」と懇願する伊賀衆は少なくない。そのリスクを理解していたお幻からはいざという時のために、7日の間目を塞ぐ塗り薬を渡されている。

関連イラスト

(062) 朧 破幻の瞳(バジリスク〜甲賀忍法帖〜)
無題


関連タグ

バジリスク 甲賀弦之介 薬師寺天膳

関連記事

親記事

伊賀鍔隠れ衆 いがつばがくれしゅう

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「朧(バジリスク)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 265992

コメント