ピクシブ百科事典

板鬼

いたおに

日本の妖怪の一種である
目次[非表示]

概要

今昔物語において書かれている妖怪ではあるが板が妖怪化したのか
はたまた別の妖怪が操っていたかは不明。
板鬼という名前はかの御代・水木しげる先生が言ったものであり、
今昔編集の当時は鬼とは単に妖怪の意味であり「板の妖怪」という意味である。
そのため、一般的な角のある妖怪とは違う。

物語の内容

ある年の夏、二人の武士が見張りのために夜更けまで起きて警護をしていた。
すると、向こう側の屋根に板が上っている。妖に違いないと刀を構えたところ
その板は二人をよけて部屋で寝ていた5人の武士たちを殺してしまった。
この話を聞いた人々は寝ていたものが刀を持っていなかったことから
男(武士)はいかなる時でも刀を手放してはならないと戒めあったという。

余談

このことから化け物が伝えたかったのは
油断してはならないということだろうか。

pixivに投稿された作品 pixivで「板鬼」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 35

コメント