ピクシブ百科事典

植木翔子

うえきしょうこ

福地翼の漫画『うえきの法則』の登場キャラクター(右)。
目次[非表示]

概要

CV:小坂あきら(現:笠原あきら
主人公・植木耕助の義姉で、植木源五郎と故・植木春子の実娘。
今は亡き母の影響により看護師を目指しており、看護学校に通う生徒である。隣町の寮に住みながら学んでいる模様。
だが、「怪我の治療法はいつもおまじない」であるなど、後述する通り残念な美人でもある。

人物

おっとりとした天然な性格であり(父と耕助にもその特徴があてはまるが、母親の遺伝が強い)、垂れ目ともみあげが長く、外側に跳ねた紺色のショートヘアーが特徴。キャミソールに短パンと、ラフな格好でいる。植木家の食事は、主に彼女が担当。

母親の遺伝が強く、森あいとの初対面時にはゲームに誘う際、若き日の母並みにかなりハジケており、父親の遺伝も少なからず影響されている。

初登場時には耕助の住むアパートから出てきてヒロイン・森あいと対面。上記の寮暮らしの事情から、一時帰省していた様子。
ややズボラで、上記の初登場時では眠たそうに「どなた?」と言いながら尻を掻いて(!)いたり、(むろん、アニメではカットされており、眠たそうな顔もしていない)インドア派でゲーム好きであり、格ゲーが好き(アニメでは森は彼女とのゲームに興じていた)。

耕助が「女子に好かれる才」を失ってもこれまで通りに接していた女性でもある。これは、長く耕助と過ごしてきたための賜物なのか、コバセンによる「罰の歪み」なのかは不明。しかし、寮暮らしで耕助と離れて暮らしているという描写から、わずかながら「負の面」がなかったとは言い難いが、家族の血筋でないにしろ、共に育ってきたから問題はなかったのだろう。

劇中で義弟・耕助の出自について最初に言及した人物でもあり、原作では「母親の葬儀後に空から降ってきた」と、翔子本人は知らずとも読者に「植木耕助=天界人」と示唆し、アニメでは「本当の家族、本当の姉弟じゃない」と、ネタバレになるためか回りくどい言い方になっていた。

母・春子を幼くして亡くしたためか、その直後に空から降ってきた耕助が義弟となり、悲しみを超えて寂しくなく一緒に過ごしてきたことから耕助を大事にしていることを通り越してブラコン同然に可愛がっている。その上、耕助の入浴中にお風呂も途中から一緒に入る(というよりは、父も交えて背中の流しっこである)など、傍から見ればアレを連想させるほどのレベルである。だが、耕助が「自分が天界人である」ことを告げられると、父とそろって「天界人=外国人?」という反応だったが、能力者バトルのことやこれまでの自分が家族に隠していたことを延々と語っていた(その目的が、最終的に恩師・コバセンの救出だと理解した様子)。心配性で過保護ながらも、耕助たちの無事を祈って天界へと見送った。

関連タグ

うえきの法則 ブラコン 残念な美人

関連記事

親記事

うえきの法則 うえきのほうそく

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「植木翔子」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3

コメント