ピクシブ百科事典

樋口一葉(文豪ストレイドッグス)

ひぐちいちよう

樋口一葉とは漫画『文豪ストレイドッグス』の登場人物である。
目次[非表示]

プロフィール

名前樋口一葉(ひぐち・いちよう)
年齢不明
誕生日5月2日
身長159cm
体重不明
血液型不明
好きなもの不明
嫌いなもの不明
異能無し
CV瀬戸麻沙美
舞台版演者平田裕香


概要

文豪ストレイドッグス』に登場する人物の一人。横浜の裏社会に君臨する「ポート・マフィア」の首領直轄遊撃部隊長芥川龍之介の部下。芥川のことを先輩と呼び慕っている。
太宰から「睡蓮の花の如く儚く可憐」と絶賛されるほどの容姿端麗な女性。
周囲から「マフィアには向かない性格」と評されており、本人にもその自覚はある模様。しかし、黒蜥蜴の上司であることから、最低限組織の人間として有能であるようだ。
また芥川のこととなるとやや独善的な行動をとることが多く、その度に彼に平手をくらっている。

一人称は「私」。
四十一話で妹がいることが判明している。

初登場は第三話。武装探偵社に依頼人として潜入し、中島敦谷崎潤一郎ナオミを誘き出し、人虎(敦)を捕獲するために三人を襲う。ナオミを瀕死状態に陥らせたことで激昂した谷崎の異能「細雪」の前にあわや敗北かと思われたが、直後に現れた芥川によって助けられる。

四話では自分の名刺を見て電話をかけてきた敦に「社をやめるから自分だけを狙え」と駆け引きを持ち掛けられたが、すぐに黒蜥蜴を呼び探偵社の殲滅を命じるなど、冷酷な一面もある。
ちなみにこの話で黒蜥蜴が敗れた後、探偵社に着払いで大量の商品を送りつけようとしたり、太宰の家のポストをもやしでいっぱいにしようとするなど、どこかズレた思考の持ち主でもある。

四十一話では芥川に対し恋愛感情を抱いていることが明らかとなっている。
芥川が女性と逢い引きし、そのまま自宅へと帰宅した場面に遭遇した際は何かの陰謀だと勘繰り、偶然同じ女性を捜していた探偵社と一時的に手を組んだ。この時、「どんな手を使ってでも」という言葉のとおり、彼らに土下座をしてまで協力を要請している。
そして、目当ての女性を見つけた際は問答無用で殺害しようとするなど、やはり芥川が絡むと完全に暴走してしまうようだ。
なお、この女性は芥川の実妹であり樋口の部下でもあった為、判明後は彼女に対して「お義姉さんと呼びなさい」と命令している。

異能については、未だプロフィール発表がされていないので不明である。しかし、過去にコラボした『シュシュアリス』という雑誌において簡単にキャラクター紹介がされていた際、彼女の異能名は【なし】ではなく【???】と表記されていた。

が。


公式ガイドブックより、異能力は【???】ではなく【なし】という事が判明。本作では珍しく、実在の文豪であるにも関わらず異能力なしの一般人である。
逆に言えば、異能無しで芥川の部下になっているためかなり有能といえる。


関連タグ

文豪ストレイドッグス  ポート・マフィア  芥川龍之介(文豪ストレイドッグス)

pixivに投稿された作品 pixivで「樋口一葉(文豪ストレイドッグス)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 223675

コメント