ピクシブ百科事典

檄を飛ばす

げきをとばす

檄を飛ばすとは、日本語の慣用句。 ある行動に関して、その必要性や重要性、実現可能性等を自分の考えとして他者に伝え、 動機付けてその行動を行わせしめる為に言葉を発し、あるいは文章を送る事。 元々はその様な内容を木簡に書いたものを木編の「檄」と呼んだが、現在では発信するメディアは問わないものとして修辞的に用いられている。

檄を飛ばすの誤用について

2019年現在、激励の意味で使うのは誤りとする説が広く流布しているが、実際には古代中国語の語源レベルで檄文の用途の一つとして激励があったとされており、誤用説の信憑性が疑われている。

平成15年及び平成19年、平成29年には「人を励ます用途に用いるのは誤用」とする立場で文化庁が世論調査を行っている。
またお前か。

関連記事

親記事

慣用句 かんようく

兄弟記事

コメント