ピクシブ百科事典

武蔵野HENTAI倶楽部

むさしのへんたいくらぶ

藤沢とおるの漫画『GTO』に登場するゲストキャラクター(悪役)。
目次[非表示]

概要・人物

もともとこの名称は単行本11巻88話のサブタイトルとして使われたが、神崎麗美の「ムサシノHENTAIクラブ」という言及により公式化された。

功名な議員・弁護士・医者で構成されている(らしい)変態集団。
秘密戦隊ゴレンジャーを模したアイマスクをつけ、スリッパを履いている以外は全裸であるなど、もはや手遅れレベルな常軌を逸した変態さを持つ。
「赤レンジャーさん」など、当作品の主人公たちの名前を自分たちの呼称にしている。
SM道具を複数所持しており、か○○ょう三角木馬○○○クを使った亀○し○りオ○メなど、幅広い趣味をしている。

相沢雅鬼塚英吉をハメて陥れたことに対して業を煮やした神崎が、雅たち3人を、由佳に電話させてホテルに誘導して邂逅させられた。

雅たちの処女を800万円で売られそうになったところ、掃除屋のバイトをしていた鬼塚が双眼鏡で偶然見てしまい、飛行船にくっついて駆けつける。
鬼塚は当然、雅たちに自分をハメたことへの罪状を述べ、「謝罪すれば助ける」と条件を提示したが、雅は巖なにに拒否。しかし、遂に雅は謝罪し、変態集団たちは鬼塚に指導と称した制裁を受け、貼り付け、三角木馬攻めにされて成敗された。

関連タグ

GTO

外部リンク

アンサイクロペディア - 武蔵野HENTAI倶楽部

コメント