ピクシブ百科事典

死神を食べた少女

しにがみをたべたしょうじょ

七沢またり(連載当時はにんぽっぽ名義)による小説作品。
目次[非表示]

概要

小説家になろうに投稿されているweb小説。エンターブレインから書籍化もされている。
腐敗しきったユーズ王国とその支配を終わらせようとする解放軍。そしてその解放軍を利用しようとするキーランド帝国との戦乱を描いた戦記物。

登場人物

シェラ・ザード

主人公。解放軍に滅ぼされた農村出身。三つの願いを叶えるためにユーズ王国の兵になり、凄腕の鎌使いであり、その姿から死神と恐れられる。最終階級は大佐。

カタリナ・ヌベス

シェラの副官。死霊術の使い手。

ヤルダー・ゲール

猪突猛進の気がある第三軍軍団長。シェラの後見人的立場。

シダモ・アート

第三軍軍団の筆頭参謀。シェラの自由奔放ぶりに振り回される苦労人。

世界観の共有

同作家が同じく小説家になろうに投稿している『勇者、或いは化物と呼ばれた少女(勇者)』、『火輪を抱いた少女(火輪)』、『極星から零れた少女(極星)』、『ロゼッタは引き籠りたい(ロゼッタ)』とは同じ世界の物語という設定であり、クロス要素がある。

時間軸としては勇者→(十年後)→死神→(十年後)→火輪&極星→(???)→ロゼッタとなる。

外部リンク

pixivに投稿された作品 pixivで「死神を食べた少女」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 12395

コメント