2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

変身忍者嵐』第1話『猛襲!!怪魚忍者毒うつぼ』に登場する、化身忍者ハヤテの父、谷の鬼十に作られた最後の化身忍者である。

毒うつぼ



ウツボの顔に忍び装束を纏い、さらに体には巨大ウツボを巻き付けている。なおウツボの頭を持っていなければならないため、基本的に左手がふさがっている
口からは毒の煙を吐き、煙を浴びせ続けることで人間を消滅させてしまう。短時間であれば即死することはないが、後に毒が回り死亡してしまう(作中では解毒されたために詳細は不明)。
また巨大ウツボを相手に絡みつかせ、動きを封じてしまうことも可能。手裏剣や刀による白兵戦も得意。

作中では骸骨丸の指示のもと、能力実験と称して村々を襲い虐殺を繰り返していた。その非道な行いを前に、化身忍者の生みの親である谷の鬼十血車党を見限り、その息子ハヤテは自らが変身忍者となり化身忍者と戦うことを決意することとなった。
ハヤテの変身した変身忍者嵐との決戦では、「毒うつぼの真の術を受けてみよ!」と叫び嵐とにらみ合った後、前の戦いで名張のタツマキを拘束したウツボ攻撃を繰り出すも、あっさりとかわされてしまった。その後は主に刀を振るい嵐と互角に渡り合うも、『秘剣影うつし』によって倒されてしまった。

余談

毒うつぼと名乗ってはいるものの、デザイン上のモチーフは実際のドクウツボではなくトラウツボだと思われる。白色の斑点模様や角状の突起などの特徴が共通している。

関連項目

変身忍者嵐
化身忍者

関連記事

親記事

化身忍者 けしんにんじゃ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 220

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました