ピクシブ百科事典

目次[非表示]

CV:峰恵研

概要

変身忍者嵐』第2話「怪猿忍者!マシラ現わる!!」に登場。ただ単にマシラ、不死身のマシラという名称で呼ばれる事もある。
白猿(狒々)の化身忍者で、とある村を襲撃し血車党の拠点となるどくろ館を建設する為の奴隷確保の為に村人を攫っていた。

自身の体を鋼鉄並みの強度に変える忍法『鉄マシラ』の使い手で、武器を一切受け付けない不死身の肉体の持ち主で、彼の二つ名の由来でもある。

また、人間に化ける術も身に付けており、劇中では被害者の1人である少女の父親の太郎兵衛に化けてハヤテを毒殺しようとしたが未遂に終わっている。

弱点は唯一術の効果が表れていない目。最後は目に短刀を打ち込まれ怯んだところを、秘剣影うつしにより倒された(ダメージを受け術が解除されたのだろうか?)。

第14話にて血車魔神斎により復活させられ、再生怪人として登場。同じく復活させられた化身忍者達と共に、血車十人衆として人食いガラスに協力した。
が、木に擬態していたところをハヤテに見つかり、一刀の元に切り伏せられてしまう。
不死身の二つ名が泣く最後であるが、擬態していたために鉄マシラが使えなかったのだろうか?


小説『仮面ライダー響鬼

三代目服部半蔵の片腕を務める猿ノ助の正体。
小説の時系列的には恐らく2代目にあたるマシラだと思われる。

原作と違って忍法『鉄マシラ』の忍術を身に付けていないようだが、例え体を真っ二つにされても生きている程の高い生命力の持ち主で、素体となったのような機敏な動作で相手を翻弄し、仕留める戦法を得意としている様だ。

との激闘の末に上半身と下半身を切り離されてもなおしぶとく生き残り、悪態をついていたが、最後は嵐に頭を真っ二つにされて絶命した。

関連タグ

化身忍者 血車党 変身忍者嵐

関連記事

親記事

化身忍者 けしんにんじゃ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「不死身マシラ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1

コメント