ピクシブ百科事典

深澄真

みすみまこと

ライトノベル『月が導く異世界道中』の登場人物。

CV:花江夏樹

概要

本作の主人公。月読様によって異世界に召喚された平凡?な高校生。弓が得意。イケメンな父と美人な母と姉と妹がいる。元々は体が弱かった。
実は両親が異世界出身のヒューマン。両親は異世界の女神と「いつか大切なものを一つ捧げる契約」を交わして地球に転移してきており、この度それを執行となった。

地球担当の月読は勇者が必要となった女神からこの契約の実行を依頼され、月読は姉弟から真を選ぶ。しかし異世界の女神は良く言ってフツメンの真を事実上拒否。真にはヒューマン種以外の言語の加護だけを付与、世界の端の危険区域「最果ての荒野」に落とした。
真はそれを哀れに思った月読から空間系の加護と自由に生きていいとの許可をもらい、異世界を歩き始めることになる。

比較して異世界は負荷が緩く、地球に生きていた生物が異世界に来るとそれだけで超人じみた能力を持っているため、地球では一般人な真も異世界では超人。多大な魔力と強靭な身体能力となっている。
女神のくれた『理解』の加護も荒野の奥地に住む亜人ハイランドオークとの交流や魔術言語の利用、新しい魔術の創作、さらには言葉を持たない生物や意思を持つ無生物との交渉など思いのほか役に立っている。
月読様から頂いた加護の一部は『自分を中心とした一定空間内に自由に効果を付与する能力』になり、大半が『自分用の新世界「亜空」を作る能力』になった。
この『亜空』は広い土地に資源と魔力が満ちており、真は女神の迫害あって危険は多いが資源は少ない荒野に住む亜人たちを亜空に住まわせることにする。

亜空とヒューマン種の流通を作ろうと人里に向かうが、亜人的な容姿と莫大な魔力の組み合わせ、そして言葉が通じないことにより、それはもう暴力的な迫害を受ける。(ちなみにこっちの世界では女神の加護によりヒューマンなら識字率100%で言葉喋れないとか有り得ない)そのため仮面で顔を隠し魔力のコントロールと筆記とリスニングを自力で身につけ、空中に魔術で文字を書くことで「魔族から呪いを受けて喋れなくなった」と説明し、やっと交流を持てるようになった。
なお、レベルは1らしい。

現在はライドウという商人としてクズノハ商会を運営している。

関連タグ

月が導く異世界道中 澪(月が導く異世界道中) 巴(月が導く異世界道中)

関連記事

親記事

月が導く異世界道中 つきがみちびくいせかいどうちゅう

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「深澄真」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3192

コメント