ピクシブ百科事典

炭義

たんぎゆ

竈門炭治郎×冨岡義勇のBLカップリングの略称。

概要

鬼滅の刃」に登場する、竈門炭治郎冨岡義勇のBLカップリング。

炭治郎が15歳で義勇が21歳である年下攻めカップリング。
二人はともに鱗滝左近次を師とした水の呼吸の使い手で、同門の兄弟子と弟弟子にあたる。
初対面時に既に義勇は水柱の役職についており竈門一家が鬼に襲撃を受けた際の討伐に駆け付けた。家族と幸福に暮らしていた日常を失い、鬼になってしまったとは言え妹まで奪われたくないと蹲った炭治郎を叱咤激励し、竈門兄妹を信じて彼が水の育手に送り込んだのが全ての始まりであるため、物語のキーパーソン同士の組み合わせである。

第一話以降しばらくは直接的な絡みは少なかったが、那田蜘蛛山での十二鬼月との戦いにおいても義勇が炭治郎の窮地を救ったり、柱合裁判においては自らの立場が悪くなることも厭わず炭治郎を庇い、産屋敷に切腹をかけた嘆願書まで送っていたことが判明し、炭治郎が義勇の顔を見て涙をこぼすなど、義勇が炭治郎を気にかけ、炭治郎も義勇に恩義を感じていることが分かる。

上述の通り年齢や役職も義勇が上で、義勇は人に対してあまり社交的な言動をとらない為、
炭治郎が義勇に接近する隙がないように思えたが、15巻において炭治郎が四六時中義勇を付けまわし根負けさせるという事件が起き「義勇さん」「炭治郎」と下の名前で呼び合う間柄になった。

二人とも尊敬していた人物に先立たれる等同じ心の傷を抱えており、また同門でそれぞれに知己にある兄弟弟子錆兎の存在も助けとなり、共に託された思いを繋ぐ存在であることを再確認して以降戦闘においても炭治郎が一方的に義勇に守られる存在から、互いに守り合う存在に成長している。

言葉足らずが原因で他人と摩擦を生む義勇だが、内面は慈しみ深い性格をしており
他人の心を嗅ぎ分ける能力を持つ炭治郎は義勇の意図を汲んだ会話ができる為
二人の間での破局的な誤解が起きる事は比較的少ないが、義勇は天然ボケな一面があり、炭治郎は持ち前の素直さでそれを素直に受け止める為、二人の会話はボケの応酬になる事がある。






関連タグ

鬼滅の刃 冨岡義勇 竈門炭治郎
腐向け BL カップリング 腐滅の刃

逆CP義炭

関連記事

親記事

腐滅の刃 ふめつのやいば

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「炭義」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2651918

コメント