ピクシブ百科事典

琥珀(イセスマ)

こはく

琥珀(イセスマ)とは、『異世界はスマートフォンとともに。』の登場キャラクター。

王の横に立つ白き虎。まさに私にふさわしい名前
ありがとうございます。これからは琥珀とお呼び下さい
この姿なら目立たないと思いますが

CV:甲斐田ゆき

概要

白帝と呼ばれる召喚できる最高クラスの四神獣の一角の白い虎。「獣の王」との異名も持つ。
望月冬夜が初めての召喚魔法で呼び出される。最初は冬夜を見くびり、冬夜が持っている魔力を自分に注ぎ込んで最後まで立ち続けられたら主従契約を行うと約束をするが、冬夜の莫大な魔力量に耐えられず気絶してしまう。以後、冬夜の実力を認め、主として忠誠を誓い、琥珀という名前を賜う。
冬夜の膨大な魔力によって常時顕現し続けることが可能になったが、元の姿では街中などを闊歩するのはさすがに不味いと冬夜に指摘されると、可愛らしい子猫の姿に変化した。

同じ四神獣である蒼帝とは仲が悪い。

また、口調などのせいで分かりづらいが、性別はメス

関連タグ

異世界はスマートフォンとともに。 望月冬夜 白虎



玄帝(珊瑚&黒曜)
炎帝(紅玉)
蒼帝(瑠璃)

※()は冬夜が付けた名前

pixivに投稿された作品 pixivで「琥珀(イセスマ)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 909

コメント