ピクシブ百科事典

生きるということ

いきるということ

「生きるということ」とは、漫画『空が灰色だから』の一篇。
目次[非表示]

初出は『週刊少年チャンピオン』2012年2+3合併号。『空が灰色だから』第1巻収録。
本誌では第8話。単行本では第11話に当たる。

あらすじ

昼休みの高校。生徒たちがおのおの教室で昼食を取る中、輪田さんは一人、教室を抜ける。
そして誰もいない体育倉庫に足を運ぶと、おもむろに弁当箱を開ける。
そこへクラスメイトの松井くんがやってくる。「バカにしにきたの?」と尋ねる輪田さんを否定し、松井くんは輪田さんに食べるよう促す。
輪田さんが食べ始めると、松井くんはその食事の様子を情熱的に実況しだす。
松井くんいわく「女性の食事する姿がセクシーすぎてたまらない」らしい。

登場人物

輪田美咲
県立北西高等学校2年3組。女子
黒髪ショートカットぼっち
下の名前は作中に登場せず、単行本1巻の特典ペーパー(ゲーマーズ専用)で明かされた。

松井くん
県立北西高等学校2年3組。男子
金髪(?)、ロン毛、ギザ歯変態

関連タグ

空が灰色だから
食事 食べる
便所飯
孤独のグルメ

pixivに投稿された作品 pixivで「生きるということ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 10165

コメント