ピクシブ百科事典

生駒吉乃

いこまきつの

戦国時代の女性。織田信長の側室で、信忠・信雄・徳姫(見星院)の母。
目次[非表示]

概要

享禄元年(1528年)? - 永禄9年5月13日(1566年5月31日)

馬借業の生駒宗家の娘。名は『前野家文書』に吉乃吉野)とある。
土田弥平次に嫁ぐも、弘治2年(1556年)に合戦で死別し、実家に戻ってきたところで織田信長に見初められて側室となった。嫡男の信忠信雄徳姫見星院)を生んだが、徳姫出産後に産後の肥立ちが悪いために亡くなり、荼毘に伏された。信長から香華料として660石が贈られる。信長の正室である濃姫には子が生まれず、信忠を濃姫の養子にしたともされる。

「信長から寵愛を受け、正室同然の扱いを受けていた」「木下藤吉郎豊臣秀吉)を信長に紹介した人物」など様々な逸話が存在するが、吉乃に関する史料は『前野家文書』のみで、他の史料と比べての矛盾点もあり、どのような人物だったか不明な点も多々ある。

戦国大戦

吉乃


「信長様に愛されることだけが吉野の喜びなのです」
織田家の武将として参戦。『信長様は、喜んでくれるかしら?』(虎口攻め成功時)や、『これで、信長様に愛してもらえる……』(落城勝利時)などといった、信長想いな台詞が特徴。
イラストは上のように美しくも、少々儚げなデザインとなっている。
スペックはコスト1 武力2/統率3の弓足軽。
戦力としては少々頼りないが、持ち計略の「遠射ち舞踊」に真価がある。
自身が撤退させられるまでの間、「自軍の『鉄砲隊』の射程距離を延伸する」効果を持つため、鉄砲隊を多く擁する織田軍とは非常に相性が良い。

関連タグ

日本史 戦国時代
織田信長 濃姫
織田信忠 織田信雄 徳姫

pixivに投稿された作品 pixivで「生駒吉乃」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 6176

コメント