ピクシブ百科事典

皐月(駆逐艦)

さつき

本稿では日本海軍の駆逐艦「皐月」について記述する。

二代存在し、初代はロシアからの戦利艦であり、二代目は睦月型駆逐艦の5番艦である。艦名は旧暦の5月に由来する。
ここでは二代目について解説する。区別のため、「皐月 (2代)」や「皐月II」などとも表記される。

概要

1923年度計画艦にて藤永田造船所で建造され、1925年11月15日に竣工、佐世保鎮守府に所属した。当初は「第二十七号駆逐艦」という艦名であり、後の1928年8月1日に「皐月」と改名された。

太平洋戦争では、フィリピン攻略戦、ジャワ島攻略戦、バタビア沖海戦などに参加。バタビア沖海戦では、第5水雷戦隊第22駆逐隊に所属し、同型駆逐艦である「文月」「水無月」「長月」と共にジャワ海方面で船団護衛に従事。
1942年10月12日に第一海上護衛隊に編入、引き続き船団護衛に従事する。

1943年1月31日からのガダルカナル島撤収作戦(ケ号作戦)に参加。その後もラバウル方面で輸送任務などに従事した。
同年7月17日にショートランドで敵機の攻撃により損傷、工廠で修理。
1944年1月3日。巡洋艦を用いて陸軍部隊をラバウル方面に増強する「戊号輸送作戦」に、同型艦の文月とともに対潜水艦戦力として参加。カビエン付近で米軍機100敵機からの猛攻を受け損傷するも、11機を撃墜しつつ、砲弾と魚雷をすべて回避するという神業を見せつける。しかし艦橋周辺の損耗は激しく、座乗していた幹部のほとんどが重傷を負う。特に艦長・飯野忠男少佐は左脚を膝下から破砕され、出血多量に切断施術を受けてなお指揮を取る壮絶な戦いぶりを見せ、皐月を守り切ったのち入院先の病院で息を引き取った。
この奮戦を称え、亡くなった少佐に「武功抜群」の墨書きを入れた白鞘の太刀が贈られた。

武功抜群


4日に、横須賀工廠で修理。
同年4月よりサイパン方面の船団護衛に従事する。
同年7月4日に小笠原諸島父島敵機の攻撃を受け至近弾により損傷、横須賀で修理。
以上のように損傷の激しい艦だったが、その度に生還して不死鳥のように舞い戻っている。
その後は内地とシンガポール間の船団護衛に従事した。
同年8月21日には連合艦隊第31戦隊第30駆逐隊に編入される。
同年9月21日明朝にシンガポールからマニラに入港。
同日、マニラ湾にてアメリカ軍の空母艦載機の攻撃を受けた。対空戦闘で敵機を撃墜するなど奮闘したが、午前の第一次空襲で左舷に落ちた至近弾により復水器が破壊され、片舷航行となった。また複数の至近弾により負傷者が出た。
午後に入り第一缶室に爆弾が命中、速力が更に落ちた所で2発の爆弾が命中し、遂に命運尽きて轟沈。
生存者は陸上からの大発動艇により救助された。
まもなく生存者全員は日本に帰還でき、幸いにも後のニラ地上に巻き込まれることはなかった。

11月10日除籍。

関連タグ

大日本帝国海軍 駆逐艦 皐月(艦隊これくしょん)

pixivに投稿された作品 pixivで「皐月(駆逐艦)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1038

コメント