2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

相川千秋

あいかわちあき

相川千秋とは、DMMGAMESのソーシャルゲーム「ぼくらの放課後戦争! -AFTER SCHOOL WARS-」に出てくるキャラクター。陸上部所属で、1年生。
目次[非表示]

プロフィール

学年1年生
部活陸上
イラストレーターもとみやみつき
CV柚原みう
誕生日11月21日
血液型A型
スリーサイズ82-58-84


人物

主人公の幼馴染であり、小春年子である。

一言でいうとかまってちゃんで、「お兄ちゃん」たる主人公に対しては猛アピールを仕掛ける。しかし、主人公としては幼馴染と認識しているのは小春であり、千秋は「幼馴染の妹」程度の認識であった。
ただしこの辺りの認識や設定はシナリオによって結構な違いがあり、例えば「SR【童心ブランコ】心愛」では、小春だけでなく千秋とも一緒に遊んでいた思い出をしっかりと心愛に語っている。

元気で明るく、だれとでも打ち解けるタイプ。特に1年生についてはたいていの子と顔見知りらしく、千秋のライバルを自称する瑞野夏都とは大の仲良し。主人公に本庄翡翠の話を振られた時もいろいろと答えていた上に、直後翡翠の姿を見つけると「おーい、翡翠っち」と特に親しい間柄ではないにもかかわらず愛称を付けてすぐに声を掛けている。
先輩に対しても「マナマナ先輩」「あゆあゆ先輩」と、くだけた呼び方をする。その一方で礼儀についてはしっかりとわきまえている面もあり、江藤せつなから「千秋ちゃん、ギリギリしっかりしてるし」と評されている(千秋曰く「あたしも伊達に体育会系じゃないのだよ?」とのこと)。

また、欲張りだったり負けず嫌いだったりする。その辺の性格は自覚しているようで、自ら表明してそれに則った言動をしている。主人公と結ばれた際も小春のことを気にかけているらしく、ことあるごとに姉妹丼を容認するような言動をしている(この辺りは独占欲の強さが強調されがちな小春と対照的といえる)。ただし現状、千秋メインのカードに小春が割り込んできたことはない。

「放課後戦争」や風紀委員活動での武器はリレーのバトンであると思われる。

主人公のことは「お兄ちゃん」と呼び、主人公からは「千秋」と呼ばれる。昔の主人公は千秋のことを「ちーちゃん」と呼んでいたらしく、千秋の「彼氏ができた」というハッタリではその呼び方が使用された。

小春とは顔つきはともかく全体的な容姿の印象や性格はあまり似ていないが、おばけが苦手という共通の弱点があり、メインストーリー3章の会話パートでは2人してオカルト研究部幽霊(本物)部員に対して大いにビビッていた上、千秋については少しちびってしまったほど。

陸上部

千秋の所属する部活動で、当然ながら主な活動場所はグラウンド。放課後戦争の際、陸上部ソフトボール部の指示の下体育倉庫の防衛を任されるが、風紀委員に敗北。この対戦で風紀委員会は学内最大勢力のソフトボール部に喧嘩を売る形となり、この後のストーリーにつながっていくこととなる。

性能

当初の基本性能としては「防御型の運動部」で中村栞と同系統のステータスであったが、栞が固定スキルに「クリティカル発生率アップ」を持っていたのに対して、千秋は「HP2以上の時、一度だけHP1となり気絶を回避」(通称「食いしばり」)を持っていた。この違いから単純な壁役としてのスキル構成では千秋の方が優れていたが、当時千秋の実装頻度自体が少なめであり、逆に栞はかなり高頻度で新バージョンが実装されて性能更新が行われていたことから、インフレの影響もあって性能面では厳しい状況となっていた。ただし当時は同一キャラの別バージョンを同じデッキに2人以上入れることができなかったため、防御重視のデッキでは栞と一緒に使われることもあった。
2020年5月のアップデートによって基本性能の設定がキャラ依存からカード個々の依存になったため、攻撃特化性能のSSR【彼女の戦利品】や、状態異常(睡眠)付与効果付きの攻撃を行うSSR【今だけの思い出】など、防御型以外の性能でも新カードが実装されるようになった。また2020年以降は新バージョンの実装頻度も上がってきている。


関連タグ

ぼくらの放課後戦争! 相川小春

関連記事

親記事

ぼくらの放課後戦争! ぼくらのほうかごせんそう

兄弟記事

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました