ピクシブ百科事典

中村栞

なかむらしおり

中村栞とは、DMMGAMESのソーシャルゲーム「ぼくらの放課後戦争! -AFTER SCHOOL WARS-」に出てくるキャラクター。ラクロス部所属の2年生で主人公のクラスメイト。
目次[非表示]

プロフィール

学年2年生
部活ラクロス
イラストレーターこみやひとま
CV夏和小
誕生日1月4日
血液型A型
スリーサイズ81-61-84


人物

主人公クラスメイト。メインシナリオには登場せず、ガチャなどで引き当てることで登場させられる。

そのキャラ付けは良くも悪くもひたすらに普通で地味な少女。クラスでも部活でも非常に影が薄く、クラスメイトであったにもかかわらず主人公には当初存在を認識されておらず、副委員長の相川小春からも(真面目に委員会の仕事に参加していたにもかかわらず)気付かれずに「不真面目な幽霊委員」扱いされる始末であった(これについては流石に小春も申し訳ないと思ったらしく、誕生日ボイスではかなり気を使った言い回しをしている)。
本人も自分に存在感がないことを自覚しており、自嘲することが多い。

強豪とされる逢生学園ラクロス部の中では補欠であり、同じ部員や同部の顧問、入会時に情報を聞いた主人公からも当初は軽んじられた。
しかし実際は人一倍観察眼に優れ、強豪であるという自負ゆえに個々がスタンドプレーに走りがちでケガも多かった他の部員と違い、陰ながら徹底してサポートに回り、チームの勝利に貢献するプレーを行える選手であり、それに気付いた主人公のプレゼンによってようやく顧問も彼女の実力を認めることとなった。
ちなみにラクロスを始めたきっかけは子供の時に好きだったテレビアニメのキャラに憧れたため。当然直接名前は出ないが、元ネタは間違いなくこの作品このキャラであろう。

一見朗らかで明るく、自身の影の薄さ、それに伴う周囲からの散々な扱いについても気にしていないように振る舞っているが、内心ではかなりの寂しさと悲痛な思いを抱えている。
キャラストーリーではそれが大きく表層化する前に主人公と結ばれて「自分をちゃんと見てくれる人」を得られたことで心から自分に自信を持てるようになり、後日談にあたる各カードシナリオの言動からもそれが垣間見える。

しかし主人公が誰とも結ばれていないという前提で展開されるイベントシナリオでは必ずしもそうではなく、2018年6月に行われたイベント「目指せ新天地! 梅雨前線異状なし!」ではその部分に焦点が当てられている。
風紀委員会に入った後でも委員の仲間たちから存在を無視され続け、自分がいくら頑張ってもまったく評価されないばかりか気付いてすらもらえていないことで内心すっかり諦観しており、それでも委員会の皆が好きだからたとえ気付いてもらえなくても、1人で無茶をする形になってでも戦い続けていたことが明かされ、「私は皆に利用されてるだけでもいい、風紀委員が評価されて、皆が楽しそうにして、その場の隅っこにいられるだけでも幸せ」というあまりに悲痛な思いを主人公に訴えた。
シナリオ途中までは能天気に捉え、悪気がなかったとはいえ容赦なく栞の心を抉る言動を繰り返していた主人公や他の委員たちは彼女の心情を知ったことで深く反省し、さらには同イベント内の戦いで自分たちが栞1人に押し付けてしまっていた負担の大きさを後から身をもって思い知ったことで罪悪感を抱くと同時に、これまでその全てを1人で背負い込んでいた彼女に感服し、栞が風紀委員会になくてはならない大切な仲間であることを改めて認識するに至った。
栞も主人公に対して涙と共に感情を思う存分吐露したことで吹っ切れ、ようやく栞は本当の意味で風紀委員会の仲間になることができた。
一応フォローすると、主人公や他の委員たちは決して栞を嫌っていたわけでもなければ、間違ってもいじめや嫌がらせといった故意の悪意で彼女を無視していたわけでもない。実際この出来事を経たシナリオのエピローグでは、それぞれが改めて栞と親交を結ぶために積極的に歩み寄っている。

上述のように主人公が誰ともくっついていないという設定ながら、完全にシナリオのヒロインとして描かれており、このイベントシナリオはユーザーからの評価も高い。
栞と結ばれるキャラスト基軸の話だと主人公は栞に惹かれ始めて以降は彼女を見失うことが一切なくなって彼女を支えるために力を尽くしている上、恋人同士になった後のカードシナリオのテキストやセリフでは、いかに栞が可愛くて魅力的かを逐一惚気るほどにベタ惚れしているため、そうなっていない「if」の世界観における主人公や仲間との関係が深掘りされたこのシナリオはとても貴重といえる。

その後はイベント基軸でも余裕を持てるようになったのか、「影が薄い」や「普通」などのワードが出ると即矢面に立たされ、「何でこっちを見るの!?」と返すのが定番となっており、最早持ち芸の域になってきている。

主人公からの呼び名はイベントなどの共通シナリオでは「中村さん」、仲良くなったキャラスト後半や既に恋人同士であることが前提のカードシナリオでは「栞」となっている。逆に栞は主人公のことをイベントでは苗字、恋人時には下の名前に「くん」付けで呼んでいる。

性格も普通……と言うと語弊があるが、素直で優しく、恋愛においても金銭的、時間的に無理をする交際よりも、肩肘張らない気楽で身近な付き合い方を好む。素で「大好きな人と一緒ならどこに行ったって楽しいに決まってる」と言えてしまうほど。こういった性格もあってか、カードシナリオでは当然主人公と相思相愛であるものの、若者のカップルというよりもどこか熟年夫婦のような落ち着いた雰囲気で描かれていることも多い。
地味とされているが、実際のところ容姿自体はかなり可愛らしく、主人公は恋仲になった後はイベントやキャラスト冒頭での塩対応とは打って変わって、ことあるごとに「可愛い」と連呼するまでに惚れ込んでいる。カードシナリオの1つである【バレンタイン18】では、主人公と付き合うようになって明るくなったことで他の男子達も栞の魅力に気付き始め、羨ましがられたことが語られているほか、【コスプレ撮影会】や【ハロウィン18】のように、第三者の目からも明確に美人として見られていることが描写されている話もいくつかある。
このほか料理も上手く、デザイン担当のこみや氏が出した原画集の解説でも「嫁スキルばっちり」と書かれている。

ゲーム内での設定に反して、イベントへの出演回数は全キャラの中でも非常に多く、ゲームの1周年、2周年記念で行われた人気投票においても2回とも部門別1位を獲得して特典バージョンを勝ち取ったほどで、間違いなく同作の中でも最上位の人気キャラの1人である。
また、『真 姫狩りインペリアルマイスター』との相互コラボイベントでは向こう側の限定イベキャラの1人として採用されるなど、名実ともに作品を代表するキャラの1人となっている。

性能

防御タイプの運動部。火力は運動部としては控えめながら打たれ強く、保有スキルの影響で敵の攻撃を吸いやすい壁役に適した性能。
こういったタイプのキャラは何人かいるが、栞は上述の通りイベントでの出演が多くその度に新バージョンが実装されて性能が更新されているため、真っ先に単体6コンボの必殺技が実装されるなどそれなりに優遇されている。
2020年2月のアップデートから試験的に防御型のキャラがより攻撃を吸いやすく調整されたため、アクセサリー(装備)で耐久特化にして味方を守りつつ、サブアタッカーとして攻撃を加えるという運用がやりやすくなった。


関連タグ

ぼくらの放課後戦争!

関連記事

親記事

ぼくらの放課後戦争! ぼくらのほうかごせんそう

兄弟記事

コメント