ピクシブ百科事典

矢口史靖

やぐちしのぶ

矢口史靖は、日本の映画監督。
目次[非表示]

経歴

1967年5月30日生まれ。神奈川県出身。
1990年、ぴあフィルムフェスティバルにて、8ミリ長編『雨女』がグランプリ受賞。
1993年、『裸足のピクニック』で劇場長編デビュー。
2001年、フジテレビ・アルタミラピクチャーズと制作した『ウォーターボーイズ』が大ヒット。

作風

笑い感動を程よく織り交ぜたコメディを撮り、特に『ウォーターボーイズ』以降は老若男女に親しまれるヒットメーカーとして知られている。
綿密なリサーチによる職業描写、役者が実際に身につけた技能を使っての実演もしばしば見所として登場する。
笑いに関してはギャグ的な暴力が振るわれたり、作り物を使って撮られた箇所が露骨に作り物であったり、ガラの悪い子供が登場するなど、ややスラップスティック的で毒っ気がある。
すべての作品で脚本と監督を兼任しており、ほとんどがオリジナル作品である。原作ものを手がけたのは三浦しをんの小説を基にした『WOOD JOB! ~神去なあなあ日常~』(2014年)が初。

作品

長編

『裸足のピクニック』1993年
『ひみつの花園』1997年
『アドレナリンドライブ』1999年
ウォーターボーイズ』2001年
スウィングガールズ』2004年
ハッピーフライト』2008年
ロボジー』2012年
WOOD JOB! ~神去なあなあ日常~』2014年

オムニバス

『パルコフィクション』2002年 - ※鈴木卓爾との共同監督によるオムニバス作品
『歌謡曲だよ、人生は』2007年 - ※第9話「逢いたくて逢いたくて」脚本・監督

関連タグ

映画監督

外部リンク

矢口史靖 - Wikipedia

pixivに投稿された作品 pixivで「矢口史靖」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 483

コメント