ピクシブ百科事典

「無作法な後輩をちょっと可愛がっただけさね」

概要

初出は3巻。“第5領域(ゲブラー) ”の“支配者(ドミニオン) ”を務める準精霊の少女。

凶暴な虎の様な目付きと爆薬のような存在感を漂わせる少女で、胸元が大きく露出した巫女装束の霊装を身に纏っているが、その凶暴性は隠しきれていない。

典型的な戦闘狂の準精霊(リムネ曰く素手で建物を破壊できる妖怪巫女)で、豪快な言葉使いで話す為に近寄りがたい人物であるかのように見えるが、実際には喧嘩っ早い部分はあるものの、大雑把でさばさばとした面倒見に良い姉後肌気質の人物で、数多くの弟子を抱えており、は彼女の一番弟子に当たる。

また、雪代真矢アリアドネ・フォックスロットと並ぶ最古の“支配者”の1人でもあり、彼女たちと共に現在の“隣界”で生きるためのルールを定め、現在封鎖されている“第1領域(ケテル) ”へ行く方法を知る数少ない人物の1人でもある。

白の女王の宣戦布告を受けた後、彼女の進行を食い止める目的の為に人形遣い(ドールマスター)が“喪失”した事で混迷を極める“第10領域(マルクト)”を平定する為に自らが出向き、事態を沈静化させる中、蒼に託した“第5領域”絡みのとある異変を察知し、再び白の女王率いる軍勢の猛威に晒される“第5領域”へ舞い戻る事となる。

彼女の発現する無名天使は<極光霊幻・赤虎星(ゴーストライト・ベテルギウス)>。詳細は不明だが、強大な戦闘能力を有している模様。

また、陰陽術の様な物を心得ているのか、一定の法則で舞いを踊り、相手を滅多な事では破ることの出来ない立方体の結界内に封じ込める『律令鬼筺(きつれいきばこ)』や、札を相手に張り付けて発信機とする技などを行使する事ができるが、これが無名天使の能力の一端なのかは現在の所分かっていない。

関連項目

蒼(デート・ア・ライブ) デート・ア・バレット

関連記事

親記事

デート・ア・バレット でーとあばれっと

兄弟記事

コメント