ピクシブ百科事典

純水精霊

じゅんすいせいれい

オープンワールド型RPG「原神」に登場する精霊たち。
目次[非表示]

概要

原神に登場する水の精霊。主にお目にかかるのはフィールドボスであるローデシアだが、期間限定イベント「純水の願い」で登場したエンドラーをはじめとして彼女以外にもいることが判明した。

エンドラー曰く、純水精霊たちは元々テイワットの国の一つ「フォンテーヌ」の出身であり、フォンテーヌを統べていた先代の水神のスパイとして大陸中の川や渓谷の水に散らばっているとのこと(ただし、スパイと言っても別に悪事をしているわけではなく、先代の水神は水を通して大陸の皆をつなごうとしていただけらしい)。
しかし、先代の水神がなくなってから、ローデシアたちほとんどの精霊は新しい水神を認めず、フォンテーヌと袂を別ち独自に行動したり静かに暮らすようになっていった。

自分たち同士を融合させることができる。これは彼女たちにとって「意識を繋げる=愛情表現」でもある。しかし、自分たち以外の命はそう簡単にはいかないことから、それらを観察、独自に研究しながら自分たちもそれに合わせて変化していっている。

劇中に登場する純水精霊

ローデシア

上記の通りフィールドボス。エンドラー曰く最強の精霊。
詳細は該当記事参照。

エンドラー

「純水の願い」で登場した小さな純水精霊。どうやらまだ子供のようで、知能は低めで話せる言葉も少ない。
ローデシアを慕っており、彼女のところまで水スライムを媒介としてフォンテーヌからはるばるやってきたのだが、その執着具合から故郷からの刺客と勘違いされてしまい、ローデシアがエンドラーを消滅させようと水質を悪くしたのがイベントでの騒動の原因だった。

純水精霊の融合能力を使い各地に出没する「純水の動物」を取り込むことで言葉などを学習でき、学習・成長してローデシアと話し合い和解しようとする。

なんとか和解には成功しローデシアからは「(自分の住んでいる)軽策の水に溶け込みたいか?」と尋ねられる。
ローデシアと融合することがエンドラーの本来の目的だった。しかし、たちとの今回の旅を楽しいと感じたエンドラーは、このまま共に旅をすることを望むのだった。

イベント終了後は、報酬アイテムでエンドラーを正式に入手できる。上記の融合能力はなくなるが、いわゆるペット的キャラとして連れ歩くことができる。
なお、以前の限定イベントで配布されたペットアイテム「小さな仙霊」との同時使用は残念ながらできないため、どちらかはアイテム袋で待機することになる(エンドラーのアイテムとしての説明文によれば、融和性が高く融合しそうになるかららしい)。

関連タグ

原神
精霊
ローデシア(原神)

関連記事

親記事

テイワット ていわっと

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「純水精霊」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 8643

コメント