ピクシブ百科事典

続・〆ドレー2000

ぞくしめどれーにせん

和太鼓系リズムゲーム「太鼓の達人」楽曲。「〆ドレー2000」の続編であり、万戈イム-一ノ十以降の2000シリーズのメドレーである。
目次[非表示]

楽曲情報

2000シリーズ第25弾。

編曲増渕裕二・エトウ
原曲LindaAI-CUE(石川哲彦)
譜面作成???(原曲の譜面:またさいたま=オジマ、わら得る=増渕裕二、Nesinとよくでる=不明、その他=エトウ)
BPM62.52~465
曲ID不明

コースかんたんふつうむずかしいおに
難易度☆5☆7☆8☆10
コンボ数301453595940

前作「〆ドレー2000」よりも強烈な曲の数々のメドレーであり、その難易度は凄まじいものとなっている。もちろん譜面もそのまま引用している。

曲順は
万戈イム-一ノ十またさいたま2000スーハー2000ドンカマ2000よくでる15300ノるどん2000まださいたま2000Nesin Amatiasわら得る2000
となっている。

因みにドンカマは前半の多重スクロールが大量発生する地帯ではなく、中盤の短いゴーゴータイムの後の地帯が引用されているため、少し捌きやすい…多分。
また、引用した曲が少ないためか、特におにとむずかしいでは〆ドレー2000と比べるとコンボ数がかなり少なく、おにでも1000コンボを超えていない。

余談

前回のメドレーと比べると曲のつなぎがかなりちぐはぐだと言う声が多く上がっているが、〆ドレー以降の2000シリーズの曲が極端に個性的なだけである。
また、原曲と多々異なる点がある。

  • 万戈イム-一ノ十の最後の「ハラヘッタ」が最初に来ており、原曲より聞き取りやすい。
  • ドンカマ2000の「何っ?!」の声が微妙に違う。
  • まださいたまの「さいたまじゃない!」の部分のメロディが消えており、原曲より聞き取りやすい。。
  • Nesin Amatiasの時にデモ音源も同時に流れる。
  • わら得る2000の最後の「はい…」にエコーがかかっている。

関連タグ

2000シリーズ
〆ドレー2000

関連記事

親記事

〆ドレー2000 しめどれーにせん

pixivに投稿された作品 pixivで「続・〆ドレー2000」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 515

コメント