ピクシブ百科事典

草薙俊平

くさなぎしゅんぺい

東野圭吾氏の推理小説「ガリレオ」の登場人物で、本作の主要人物の1人。(メイン画像左から二番目)
目次[非表示]

概要

ガリレオシリーズ」のメインキャラクターの1人で、主人公湯川学の実質的な相棒。
原作とドラマ版では設定がやや異なっているため、分けて解説する。

原作

警視庁捜査一課に所属する刑事。階級は巡査部長→主任→警部補→警部(沈黙のパレード)。年齢は初登場時34歳。以降の年齢の推移は描写されていないが、湯川と同い年なので40歳前後と思われる。

湯川と同じ帝都大学の出身(社会学部)で、バドミントン部での同期。大学を卒業して依頼湯川とは疎遠になっていたが、謎の人体発火事件が起きた際に湯川に協力を仰ぎ、それ以来彼と共に数多くの超常現象絡みの事件に挑んでいる。
人の話を引き出すのが上手く、湯川に事件への興味を抱かせることに長けている一方、文系の出身であるためか理数系の話は苦手で、湯川にツッコまれることもしばしば。

内海薫の登場以降、彼女を冷やかしたり威張ったりなど横暴な性格になっている(これが、ドラマ版における岸谷美砂の性格設定に繋がったのではないかとする見方もある)。ただし草薙は内海に対する信頼を持っており、聖女の救済では容疑者を思うあまり対立してしまったが、真夏の方程式では逆に相棒として強い信頼関係を結んだ。

洞察力や推理力に関しては湯川ほどではないがかなり高く、なんでもかんでも湯川任せというわけではない。実際にほぼ単独で捜査して犯人を挙げたこともある(この時は湯川は犯人逮捕に一切かかわっていない)。逆に内海薫は、女性ならではの視点で意見や推理をするので、これは草薙ではできないことである。特にガリレオの苦悩や聖女の救済ではこの面が強く描写されている。

ドラマ版

北村一輝


演 - 北村一輝/佐野和真(学生時代)

原作とは異なり、元は貝塚北署の刑事だったが、湯川と共に数々の難事件を解決したことで警視庁へと栄転になったという設定。そのため本編にはほとんど登場せず、出てきてもワンシーンに姿を見せるのみ。彼の代わりに内海や岸谷が登場している。これは製作者側による「主要人物に女性を出して華をアピールしたい」という意図によるもの。東野圭吾はこういった原作改変については寛容である。
また、湯川との関係も大筋は変わらないものの、「ある事件に巻き込まれ、容疑者として疑われた際に湯川に救われた」という設定が追加された。

本庁に異動する前、交通課時代に痴漢を65人検挙したという実績と行動力を見込んで、内海薫を湯川学に紹介する。その後もちょくちょく湯川や内海とは顔を合わせており、劇場版『容疑者Xの献身』では共に事件捜査に当たった。

第2期では第1話のみ登場。岸谷を内海に紹介しており、岸谷が内海の後任として選ばれたのは彼の意向があったためと言われている。劇場版第2作『真夏の方程式』にも登場。

原作のように直接事件の捜査に赴くことは少ないものの、後輩である内海や岸谷をバックアップするなど、影からこの物語を支える役回りとなっている。

余談

湯川学はドラマ版における演者である福山雅治をイメージしたイラストが多いが、草薙はドラマ版においては出番が多くないためなのか、北村一輝風に描かれることは少なく、作者が思い思いの容姿で描いていることが多い。そもそも草薙は原作とドラマ版では全く別のキャラクターである。

関連イラスト

刑事と物理学者



関連タグ

東野圭吾 ガリレオシリーズ 探偵ガリレオ
湯川学 内海薫 岸谷美砂
刑事 ドラマ フジテレビ

関連記事

親記事

ガリレオシリーズ がりれおしりーず

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「草薙俊平」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 145845

コメント