ピクシブ百科事典

薬師丸未来路

やくしまるみくろ

日渡早紀による漫画「記憶鮮明」シリーズの登場人物
目次[非表示]

概要

日渡早紀による漫画記憶鮮明」シリーズの登場人物。
ぼくの地球を守って」、「偶然が残すもの」、「ボクを包む月の光」に登場する。

人物像

代理母出産によって誕生する。幼少時から強い超能力を有しており、それが原因で母親に疎まれ、手放された。その後は代理母薬師丸顕子に引き取られ、薬師丸家の長男・北斗とともに兄弟として育てられる。薬師丸家に引き取られた当初は、心を閉ざし、ろくに口もきかなかったが、義母・顕子のある言葉をきっかけに徐々に打ち解けていった。
口数が少なく、超能力者であることにコンプレックスを持っている。

「ぼくの地球を守って」

未来路


成長した未来路は、義兄・北斗からの紹介で田村一登と知り合う。田村は、恩人の息子や笠間春彦のために、超能力に関する知識と、対抗する術を求めていた。田村から相談を受けるうち、未来路は主人公たちの前世の因縁に巻き込まれていく。
やがて強大な超能力を持つ小学生・小林輪と対峙した未来路は、初めて超能力者同士の戦いを経験する。輪の圧倒的な力と精神的不安定さを目の当たりにした未来路は、輪の暴走を止めるべく奔走する。

「偶然が残すもの」

「ぼくの地球を守って」から2年後。代理母義母である顕子に対する思慕に思い悩む未来路は、今まで暮らしていた京都を出て、東京で一人暮らしを始めた。
そこで未来路は、あるアクシデントからミネ・ヤザワパメラ・S・リヴァティという2人の超能力者と出会う。

「ボクを包む月の光」

薬師丸親子


主人公・小林蓮の幼馴染である薬師丸日路子の父親として登場。
アメリカの超能力研究機関・EPIAに所属している。EPIAが自分を通して娘の日路子に接触するのを嫌い、日路子を兄・北斗と養子縁組させ、離れて暮らしている。

関連タグ

日渡早紀 白泉社 花とゆめ 別冊花とゆめ
少女漫画 SF ファンタジー

記憶鮮明 ぼくの地球を守って ボクを包む月の光

薬師丸日路子 薬師丸北斗 薬師丸顕子

超能力 京都 関西弁 代理母 養子縁組
歳の差 青ば

pixivに投稿された作品 pixivで「薬師丸未来路」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 8132

コメント