ピクシブ百科事典

ボクを包む月の光

ぼくをつつむつきのひかり

日渡早紀による漫画作品。同作者の漫画「ぼくの地球を守って」の続編にあたる。
目次[非表示]

概要

ボクを包む月の光」は、日渡早紀の漫画作品である。通称はボク月
物語の舞台は、前作「ぼくの地球を守って」から16年後。前作の主人公であったありすの息子・小林蓮が主人公となっており、「-ぼく地球(タマ)次世代編-」というサブタイトルがついている。
白泉社雑誌別冊花とゆめ」で2003年11月号から2015年1月号まで連載された。

あらすじ

小学1年生の小林蓮の両親は不思議な力を持っている。蓮自身には現在のところ何の能力もなかったが、蓮は両親の血を引く自分にも超能力があるはずだと信じていた。
ある日、蓮はふとしたきっかけで幽霊に取り入られ、命の危機にさらされる。すると突然、金髪の美しい女性と、褐色の肌の美丈夫が現れて蓮に語りかけてきた。2人の力を借りてピンチを切り抜けた蓮は、2人を「守護天使」と呼んで慕うようになる。2人は明らかに生きている人間ではないようだった。
その後も現れる謎の2人に、蓮は「どうして自分を守ってくれるのか」と疑問を持ち、天使の事を知りたいと思いはじめる。

主な登場人物

小林蓮(こばやしれん)

亜梨子の間に生まれた息子。初登場時小学1年生。
2人の「守護天使」の力を借りて、さまざまな出来事を解決していく。

小林亜梨子(こばやしありす)

蓮の母親。職業は声楽家
植物感情を通わせ、歌声で植物を成長させる能力の持ち主。
前作「ぼくの地球を守って」の主人公。

小林輪(こばやしりん)

蓮の父親。職業は作曲家だが、物語開始時は休職中である。
念動力瞬間移動などが使える強力な超能力者

守護天使

金髪の美しい女性と、褐色の肌の美丈夫。この世の人間ではないらしい。
蓮の危機を救ったり、助言を与えたりする。

薬師丸日路子(やくしまるかちこ)

蓮の幼馴染で、同い年。前作に登場した薬師丸未来路の娘。
蓮のよき理解者。超能力者の両親のもとに生まれ、本人も超能力を持っている。
母親を知らず、父親とも離れて暮らしていることに寂しさを感じている。

薬師丸未来路(やくしまるみくろ)

日路子の父で、米国のESP研究機関・EPIAに勤務する超能力者。
娘がEPIAと関わりを持つ事を嫌い、離れて暮らしている。
前作では輪と対立したが、現在はよき友人として描かれている。

畠翼(はたけつばさ)

蓮のクラスメイト。最初は蓮と距離を置いていたが、あるきっかけから蓮と親しくなっていく。

辻堂信幸(つじどうのぶゆき)

蓮のクラスメイト。小学校に入学したばかりの頃は蓮と親しかったが、ある事をきっかけに仲違いした。

聟山ヘースケ(もこやま-)

蓮の2年生からの担任教師。子供の頃から不思議な出来事が大好きだったが…

小林円(こばやしまどか)

蓮の3歳年上の叔母。輪の妹。
外見は亜梨子を真似て女の子らしくしているが、内面は昔の輪そのもの。兄や亜梨子の秘密を知りたがっている。亜梨子の弟・はじめに対してだけあたりがキツい。

坂口はじめ(さかぐち-)

亜梨子の弟。亜梨子と輪が結婚した今でも輪を認めたくない気持ちがあり、ひとり悶々としている。

笠間春彦(かさまはるひこ)

亜梨子と輪の友人。職業は作家
小林家とは親しく交流しており、度々蓮の相談相手になっている。
以前と比べ超能力が弱くなっており、現在は瞬間移動ができない。

錦織一成(にしきおりいっせい)

亜梨子と輪の友人。ヘアデザイナー

錦織桜(にしきおりさくら)

亜梨子と輪の友人。一成の妻で専業主婦。旧姓は国生。蓮をかわいがっている。

小椋迅八(おぐらじんぱち)

亜梨子と輪の友人。考古学者。超能力はまったく使えなくなっている。

土橋大介(どばしだいすけ)

亜梨子と輪の友人。大学で言語学を教えている。

ヒァー

蓮が拾ってきた。時折夢に出てきてさまざまな助言を与える。

表記ゆれ

ボク月

関連タグ

日渡早紀 白泉社 別冊花とゆめ
少女漫画 SF ファンタジー

ぼくの地球を守って

 地球 転生 東京タワー 
超能力 サイコメトリー 
幼馴染 歳の差 姉さん女房

pixivに投稿された作品 pixivで「ボクを包む月の光」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 16311

コメント